« ふた組のご予約のランチ | Main | 今日は料理教室 »

January 14, 2010

同世代の柱時計

Dscf5302_2この前、遊びに来てくれた友人のアイバさんからもらったふりこ時計(正確にはもらったわけではなく、古民家に住んでいる間は使っていていいよという話だったが)。おばあちゃんの形見か何かで家に置いてあったものを、時計職人さんに修理してもらって持ってきてくれた。昭和30年代のものらしい。
大切に使われていたようで、時計の箱は艶があってとてもきれいだ。だから言われないと50年以上も昔のものだとは思えない。でもこの時計、2週間に一回、ネジを巻かなければならない。下についている振り子も重心のバランスによって針が進みやすくなったり、遅れたりする。少しでも傾いたら止まってしまう。チクタクチクタクと振り子の秒針が時を刻み、一時間に一回、その時間の数だけ優しい音色がなる。30分の時は一回なる。茶の間の柱に下げたらとても似合っていた。古民家にピッタリなのだ。 私のものではないけれど、古民家に住んでいる間はずっと毎日、私に時間の流れを告げてくれるだろう。
この前、遊びに来た友人がこの古時計を見てとても懐かしがっていた。昔、同じような時計を家で使っていて、ネジ巻き係をやっていたそうだ。でもその時計はもう今はないとのこと。
だからこうやって50年を経て、2010年を迎えた今という時代になっても振り子を動かしながら生きているってすごいなあと思った。そしてこの家は400年という歴史を経て、今もなお、私を住まわせてくれている。私が生きているよりもずっと長く存在しているものたちに囲まれながら、毎日を過ごせるなんて幸せだ。
昨夜はとても寒かった。羽毛布団と毛布を2枚ずつかけて寝たので、体はぽかぽかだったが出ている頭だけひんやりとしていた。髪の毛を洗った後、乾かさないで寝てしまったら、もしかして凍っていたかも・・・?
昼間は図書館に行き、2階のレファレンスコーナーの椅子に座ってしばらく本を読んだ。ガラス越しの陽射しがものすごく温かく、昨夜の冷え込みが嘘のようだった。
久しぶりに小林正観さんの本を手にした。
恨み言、泣き言、愚痴、悪口などマイナスの言葉を口にせず、嬉しい、楽しい、幸せ、感謝しているというプラスの言葉を言い続けることで、どんどん人生が開けていく・・・このところ体調が悪くて療養されているそうだが、そんな正観さんの人生訓は最近の本の中でも変わることなく書かれていた。
一時期、正観さんの本に随分、影響を受けて読んでいたけれど、自分の中ではそれがもう珍しくもなんともない当り前の感覚になってしまったので、ここ数年、ずっと読まずにいた。でも今も変わらない彼の言葉に再会し、やっぱりそれが大切なのだなあと改めて思った。自分の口から発した言葉は自分に帰ってくる。いつになっても宇宙の法則は変わらない。愛ある言葉と笑顔と感謝・・・当たり前だとわかっていても、なかなかできないこともある。
振り子時計の時を刻む音を聞きながら、自分の中にも大切な宇宙の法則をしっかりと心に刻み止めていきたいと思う。

|

« ふた組のご予約のランチ | Main | 今日は料理教室 »

Comments

コバさんありがとう。
今日は料理教室にご参加ありがとうございました。
またいろいろ手作りのものを見せていただきありがとうございました。
どの方がコバさんなんだろうって、ずっと思っていたのですが、以前、いらっしゃってお茶を奥座敷で飲まれていた方だったんだって、ようやくわかりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 風楽 | January 15, 2010 at 07:56 PM

昔、うちにもそういう時計がありましか。よく、止まってしまって、母がねじをまいていましたっけ。懐かしいです。
あの、古時計は、どうしたんでしょうか。
私も、この前、斉藤一人さんに、偶然出会ってから、あの方の本を読みまくりました。ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、ゆるします。を言っています。小林生観さんは、知りませんでした。今度、読んでみますね。
明日の、料理教室、楽しみです。エイコさんに会えますね。

Posted by: コバ | January 15, 2010 at 03:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47293783

Listed below are links to weblogs that reference 同世代の柱時計:

« ふた組のご予約のランチ | Main | 今日は料理教室 »