« 新年のご挨拶 | Main | 加仁湯へ »

January 04, 2010

お節と三が日

Dscf5266今年は久しぶりにお節を作った。と言っても年末は一泊で塩原温泉に行っていたので、その帰りに夜になってからスーパーに駆け込んで材料を買った。なんとも準備を始めるのが遅いのだ。でも夜9時過ぎだというのに、さすが30日。スーパーはものすごく混んでいて驚いた。
お煮しめ、なます、昆布巻き、田作り、栗きんとん、酢ハス、きんぴら、松前漬、伊達巻などとともに、子供たちが来るので、豚塊り肉も煮ておいた。結局、31日には大掃除をしたり、さらに買い物にも行ったりしたので、夕方から準備開始。年が明けてもまだ支度が終わらず、元旦も昼過ぎまでずっと料理を作ることになってしまった。
元旦の夜に全員が揃ってお祝いの食事にしたのだが、何しろ私にとっては8年ぶりに家にいたお正月。お節料理を作ったのも久しぶりだったし、子どもたちと一緒に過ごすお正月も本当に久しぶりなのだ。一緒に暮らしていた頃、私はずっと店に出ていたし、子どもたちは友達のところへ行って飲んで寝ていたり、元夫のおばあちゃんの家に行ったりで、みんなが揃うことはなかった。でも昨年、それぞれが独立したので、今年は沖縄にいる長男以外、みんなで集まろうねと約束していた。みんなで相談し合って、元旦にこの家に集まって泊まる・・・それだけでもなんだかとても嬉しかった。だから本当に一生懸命料理を作った。
いつもは肉を入れないお煮しめなのだが、今回は鶏肉を入れた。お雑煮にも鶏肉を入れた。豚肉も煮た。驚いたのは子どもたちだ。「ママが肉を料理したの?すっげ~!?」と言いながら「超ウマッ!」と言いながらバクバクと食べてくれた。お雑煮も大人気でお代わりの連続。何度もウマイウマイを繰り返しながらたくさん食べてくれたので、私はお餅焼きとお雑煮の温めに追われ、台所と茶の間を行ったり来たり・・・。
夕方、パソコンを買いに行った。もう6年近く使っている私のパソコンは最近、不具合が多く、12月にせっかく光が入ったというのにパソコン自体がギブアップ状態になっていた。それで何とか取り替えたいと思っていたのだが、私はどれにしたらいいのか全くわからなかった。
セブンが出たせいで、あまり人気のなかった?VISTAがとても安くなっていた。地デジのチューナーもついていてお勧めだよというパソコンを言われるがままに選んで決めた。即決することなどめったにないのだが、これを逃すと今度はいつ会えるかわからないし、今だったら、息子たちにセットアップからデータを動かすこともやってもらえる。彼らのいるうちに買っておけば、何とかすぐに使えるようになるかもしれないと思いその場で購入してしまった。
明け方までかかってデータを動かし、何とか使える状態にしてもらったのだが、まだ新しいパソコンの使い方自体が私にはよくわからない。今日も一日、デジカメの入力とリサイズができなくて格闘し、ようやくブログにアップできるようになった。ああでもしばらくは機種に慣れるまで時間がかかりそう。
ということで子どもたちと過ごした元旦と2日。その後は友達が泊まりに来て一緒に成田山に行ったり、写経をしたりしてお正月らしいお正月を過ごすことができた。こんなふうな過ごし方ができるのもいいもんだなあと思いつつ、来年は長男も含めてみんなで集まれたらいいなあ。

|

« 新年のご挨拶 | Main | 加仁湯へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47222109

Listed below are links to weblogs that reference お節と三が日:

« 新年のご挨拶 | Main | 加仁湯へ »