« マヤ暦ベーシックコース | Main | 雑穀とお豆のポテトサラダ »

January 28, 2010

西の縁側での取材

エリート情報社から毎月発行されているカラー冊子「LOCOL」には地域で話題のいろいろなお店が紹介されている。うちのお店でも無料配布しているが、とても人気があって、あっという間になくなってしまう。その「LOCOL」の巻頭に載っている新店情報の3月号(3月1日発行)に掲載していただけることになって、今日、取材があった。冊子のトップページだしオールカラーなので、とにかくとてもキレイだし、読者も多い。それだけにお店側からも人気があって、掲載希望店は後を絶たないとのこと。何しろ新しくお店をオープンしても掲載されるまで1年待ちということもザラにあるそうだ。毎回、9店舗ほどしか紹介されないので枠がとても少ないのだ。
今日は平日だったが、お食事とケーキのセットでご予約があったので、定食の写真と店内の風景を撮影していただいた。エリート情報には何度か広告も出しているので、今回は今までにない写真にしたいと思って、内観と定食の写真をお願いした。定食もいつもと趣向を変えて、西側の縁側の座卓に置いて、古民家らしく?雪見障子から外の様子が見えるような写真をお願いした。今日は南風の強いくもり空だったので(なんだかとても生ぬる~い感じのヘンなお天気!?)、自然光があまり差し込んでいないのがちょっと残念だったが、何度かアングルを変えて、いい感じの写真を撮っていただいた。私もその合間をぬって、デジカメで料理を写した。
夕方、取材が終わってから片づけをし、漬物を仕込んでから買い物に行った。灯油を買ったりあいりん堂さんに寄ったり、郵便局に寄ったりしていたら、あっという間に8時になってしまった。今日はスタッフもいなかったので、一日いろいろ動き回り、すごく忙しい一日だった。Dscf5365


|

« マヤ暦ベーシックコース | Main | 雑穀とお豆のポテトサラダ »

Comments

yotさんありがとう。
昨日は突然のご訪問、ありがとうございました。
平日でご予約のない日には何のご飯もないことが多いのですが、昨日はちょうどご予約があったし、あの後にもエリート情報の取材があったので、何とかお食事をお出しすることができてよかったです。
古民家の空間や置いてあるものなどに興味を持っていただけて嬉しいです。
たまたま今まで集めてきたものやいただきものや拾いものなどが、みんなこの場所にぴったりで、前からそこにいたような顔をして?鎮座しています。
それを見て、自分でも時々不思議に思うことがあります。予め自分がここへ住むことを予期していたかのような錯覚に陥るからです。
人生の巡り合わせって不思議ですね。人との出会いもまたしかり。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 風楽 | January 29, 2010 at 06:33 PM

風楽さん、今日初めてお邪魔しました。予約していなかったにもかかわらず、おいしいお食事をありがとうございました。ランチは写真そのものでしたね。それにしても古民家の風情は圧巻です!家屋がギャラリーそのもので、いろいろな小物やエスニックな織物達が不思議な絵になっているではありませんか。光と風のまち、あさひからタイムワープして侍の時代を現代に蘇らせ、しかもアジアや遠くアフリカの匂いを繋ぎとめているインターナショナルでマルチカルチャーな空間が創りだされていました。また機会を作って訪ねてみたいと思います。よろしくお願いします。 

Posted by: yot | January 28, 2010 at 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47413947

Listed below are links to weblogs that reference 西の縁側での取材:

« マヤ暦ベーシックコース | Main | 雑穀とお豆のポテトサラダ »