« 友達と新年会 | Main | 黒米のおはぎ »

January 08, 2010

レイコちゃんとの再会

Dscf5288今日から仕事はじめ。長いお休みをのんびりと過ごさせていただいた分だけ、朝から仕込むことはいっぱいあった。アイバさんが泊っていたので、朝、6時半ころ目覚ましをかけ、コーヒーを入れ昨夜の残り物を並べて、まずは一緒に朝ご飯を食べた。その後7時半ころから台所でアイバさんと話をしながら、私は出汁をひいたり、チーズケーキを作ったり、あれこれ手を動かし続けた。
今日は18名さまのランチとケーキのご予約が入っているので、エデラちゃんとユウコさんの二人に来てもらうことにした。奥座敷と仏間に座卓を並べて、お席をご用意したのだが、さすが18名ともなると、2間を使ってもいっぱいいっぱいだった。それ以外にも4名様や6名様でお食事にいらした方が多かったので、とにかく3人がフル稼働で動いても大忙しで嬉しい悲鳴をあげてしまった。おかげでお正月ボケ?があっという間に吹き飛んだかも?
夕方からは以前風楽でスタッフをしていたレイコちゃんがオーストラリアから赤ちゃんを連れて里帰りをしていたので、ファミリーで遊びにくることになっていた。アリミちゃんとヨウコさんにも声をかけ、奥座敷で一緒に夕飯を食べた。
風楽で働いている時、英会話学校の講師として赴任してきたオーストラリア人の彼と知り合い、その後、遠距離恋愛をしながら一昨年結婚して、今、オーストラリアに住んでいる。可愛いベビーも生まれて初の里帰り。メールで再会の日を約束して、とても楽しみにしていた。
レイコちゃんとは仕事をしながら、本当にいろいろな話をした。私にとってはよくできた妹?のような存在で、頼りにならない無鉄砲な姉?をいつも近くから見守ってくれていたような気がする。精神世界のこともよく話した。多分、私にとっては出会うべくして出会う人だったのだと思う。辞める時に「私はここへ来て本来の自分を取り戻すことができました。だからもうどこへ行っても大丈夫です」と言ってくれたことがとっても嬉しかった。お互いの魂の成長のため、アリミちゃんと同様、深い交わりをしつつ、共に楽しい時間を過ごすことができた。
以前は見ていられない部分もあったが(・・・と姉が勝手に思っているだけ?)、彼に愛され、しっかりと自分の中に核のようなものができ、愛くるしいベビーを育てる中で、レイコちゃんもまたしっかりと成長していた。そんな妹の成長した姿を見るのは嬉しかったし、彼と一緒に仲良く子育てをしている姿はとてもほほえましかった。
一人の女性が二人になって、そして再会できる。人が幸せになっていく姿を近くで見ていると、見ている者まで幸せな気持ちになってくる。やっぱり離れていても心がつながっているんだなって思った。
真夏のオーストラリアから寒い寒い古民家へ来たので相当、驚いたことだろう。でも愛する家族とともにいて、心はいつもホットだから大丈夫?!レイコちゃん、来年もまた会おうね~!

|

« 友達と新年会 | Main | 黒米のおはぎ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47239318

Listed below are links to weblogs that reference レイコちゃんとの再会:

« 友達と新年会 | Main | 黒米のおはぎ »