« ストーブのいらない朝~そして庭の整備~ | Main | 二つの取材 »

January 22, 2010

畑の白菜のサラダ りんごジュースドレッシング

Dscf5331今日は晴れているけれど冷たい北西の風が一日中、吹いていた。昨夜から何度もすりガラスをガタガタと鳴らしながら強い風が吹いていたので、夜中に何度も目が覚めたほどだ。お店のある時はいつも開け放している西側の窓を開けようとしたら、強い風が吹き込んできたので今朝は一日中閉めておくことにした。西側のすりガラスを開けると、庭の緑が奥座敷の雪見障子から見えるので、とてもきれいなのだが、その景色も今日一日はお預けだ。
畑から白菜を採ってきた。上の部分が少し凍っているけれどいくつかちゃんと巻けている白菜ができていた。今日は白菜を縦の繊維にそってせん切りにし、リンゴと胡桃と柚子の皮のせん切りを加えて、サラダを作った。ドレッシングはりんごジュースにニンジンや玉ねぎのすりおろしを加えて作ったさわやかなタイプのもの。淡いオレンジ色が白菜の白い上にかかってとてもきれいだった。エデラちゃんが気に入ってとても美味しい美味しいと言いながら食べてくれた。
エデラちゃんと仕事をしていると、いつも美味しい美味しい~の褒め言葉をいっぱいくれるので、なんでも作りがいがある。厨房に立ちながら、自然の恵みを感受しつつ、ここでこうして手作りのお食事をご用意できることを、一緒に喜んでくれる。特に畑の野菜を使って料理ができた時は、それを何より喜んでくれるありがたい存在だ。
古民家生活には大変なことはたくさんあるけれど、それは身近に自然がたっぷりあって、季節の移ろいをいつも感じていられるということでもある。厨房からほんの数歩で畑に行けて、そこからチョコチョコっと野菜を収穫してきて、その場で洗って、切って・・・さあ何を作ろう・・・?なんてことができる暮らしだ。地下水の水がそのまま使えて、厨房で出た野菜の残さは(あまりないけれど)バケツに入れておき、畑の土に還していく。店を閉める時間になると、晴れている日は穏やかな西日が差しこんできて、その陽だまりにほっとする・・・。
そんなここでは当たり前の毎日が、実は本当に豊かなことなんだということを、いつも仕事しながら再確認させていただける。「こんな美味しいものが食べられるなんて本当に幸せ!」と言いながら、風楽のご飯を心から美味しいと思ってくれる人たちと、自然の動向に一喜一憂しながらも一緒に仕事できることが私の幸せでもある。

|

« ストーブのいらない朝~そして庭の整備~ | Main | 二つの取材 »

Comments

コバさんありがとう。
先日はお食事にいらしてくださってどうもありがとうございました。あの時にもまた白菜を畑から採ってきて、もう一度、同じサラダを作りました。
土曜日は2つの取材があったので、ばたばたしていて、ゆっくりご挨拶もできずすみませんでした。

Posted by: 風楽 | January 24, 2010 at 06:30 PM

白菜の硬い部分は、サラダにすればいいんですね。今度やってみます。
エイコさん ありがとう。
駐車場きれいになりましたね。これで、安心して、車でいけます。

Posted by: コバ | January 22, 2010 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47362449

Listed below are links to weblogs that reference 畑の白菜のサラダ りんごジュースドレッシング:

« ストーブのいらない朝~そして庭の整備~ | Main | 二つの取材 »