« 手作りグッズいろいろ | Main | 手作り柚べし »

February 04, 2010

アロマテラピーから入る漢方

Dscf5394
今日は「アロマテラピーから入る漢方」の講座の日。参加者は12名でそのうち男性の方もお二人ほど参加してくださった。講師を漢方アロマインストラクターである小池真理子さんと平林摩やさんにお願いし、主に冬の養生について話していただき、その後、それぞれに合ったアロマオイルを選び、家庭でできる簡単なマッサージなどを実習。
今日はとても冷え込んでいたので、とにかく寒くないように、ちょっと狭いのだが奥座敷一間に座卓を二つ並べ、障子を閉め切って行った。参加された方々がとても近い距離で、膝つき合わせて・・・というより顔をつき合わせる形で?講座を受けていただいた。
私もお話を聞きたかったのだが、お食事を作るのに追われ、結局、厨房から出られなかった。いつもの定食とは勝手が違うので、思ったよりも作るのに時間がかかってしまったのだ。今回のランチは動物性のものを使わない薬膳メニュー。平林さんにあらかじめメニューを立てていただき、簡単なレシピをいただき、それを参考にしながら料理を作った。
メニューは長ネギのペッパーマリネ、ひじきとごぼうとヨクイニン(ハト麦)のサラダ、長いもの梅肉ソテー、レンコン団子のスープ、紫蘇入りグルテンミートのハンバーグ、小豆と黒豆の玄米ごはん、カシューナッツと(本来のレシピは胡桃なのだが、私がうっかり胡桃が切れているのを忘れていて、急きょカシューナッツと小豆と黒ゴマで作ることにした)黒ゴマのお汁粉、お茶は八宝茶。なつめ、陳皮、茉莉花、白牡丹茶葉、菊花、クコの実などをガラスのポットに入れて、お湯を注ぎ、色を楽しみながらいただくお茶だ。それぞれに薬効があり、老廃物を排泄するのを促してくれるということだった。
ランチの時は私とトモちゃんもご飯を持って、座敷の片隅に座り、皆さんと一緒に食事を取らせていただいた。皆さんとても美味しい美味しいと喜んでくださったので作りがいがあった。終わる前には参加された方からのご感想を直接、お聞きしたかったので、お一人ずつ自己紹介を兼ねて、お話していただいた。アロマや自然療法などをすでに勉強されている方もいらっしゃったが、皆さん、楽しんでいただけたようで、感想をお聞きしているだけで、やらせていただいてよかったなあと思った。
摩やさんが用意してくれた資料によると「冬は草木が枯れ落ち、穀物は蔵の中にしまい込まれ、動物は冬籠りするように、全てが閉塞して陽気を外に出さない季節なので、冬の3か月のことを冬蔵(ふうぞう)または閉蔵(へいぞう)と言う。この季節の養生は、気を鎮めてひそやかな気持ちで過ごし、早く寝て朝は日の出るのを待って起き、じかに寒さに当たらないように体を温め、過労して汗をかかないようにする」とのこと。
今回はこの季節に合わせて冬の養生についてお話いただいたが、次回は「春に向かって開いていく体」への養生法、また漢方を生かした花粉症の緩和法なども合わせてお話いただく講座を3月末頃に開けたらと思っている。日程を調整し決まり次第お知らせしますので、ご希望の方、ぜひご参加ください。
今度は春の季節に合わせた薬膳ランチをご用意する予定です。Dscf5402


|

« 手作りグッズいろいろ | Main | 手作り柚べし »

Comments

ゆぅさんありがとう。
トラックバックにあったので、ブログ拝見させていただきました。いろいろな分野のことを書かれているのですね。胡桃やカシューナッツなどナッツ類は、いろいろな汁物にコクを出すのに大活躍してくれますね。ちょっとカロリーが高いのが気になりますが・・・。
胡桃は炒りましたか?
多分4月1日頃、春の講座をやれそうなので、もし足が確保できたら、ぜひまたいらしてくださいね。
その頃はもう寒さも落ち着いているハズ?ですが・・・。

Posted by: 風楽 | February 07, 2010 at 06:14 PM

漢方アロマセミナーでは美味しい料理と古民家空間を楽しませていただきました。
コメント無しでのトラックバックでしたが、ありがとうございました。
さて…クコの実以外の材料はあったので、早速、黒ゴマと胡桃の汁粉を作ってみました。
分量がまるっきりわからなかったので、味覚と視覚を頼りに、本当にテキトーに作っちゃいましたが、それなりにできたように思います。
が!胡桃ですと、独特の薄皮の苦味がありました。カシューナッツの方がマイルドな感じです。(勿論、わたしの作り方が原因ということも…)
なんとなく報告してみました。

Posted by: ゆぅ | February 07, 2010 at 05:09 PM

あすぱらさんありがとう。
昨日は固く心に決めていた決意を翻して下さってどうもありがとうござました。覚悟していらした分だけ寒さは和らいだのではありませんか?・・・というよりも備えあれば憂いなし・・・?ですかね~?!
ともあれ、お久しぶりにいらしてくださってどうもありがとうございました。極寒に震えているうちに、ようやく立春を過ぎました。あと少しの辛抱かと思うと、忍耐し甲斐があります(笑)。
温かくなったらどうぞた~っぷりいらしてくださいね!

Posted by: 風楽 | February 05, 2010 at 06:56 PM

冬の間は、決して風楽には行かないであろうと・・・と決めていたのに、足を運ばせてくれた川端さんの企画に感謝です。
今までの西洋のアロマと東洋のアロマのわだかまりがなくなりました。
四季を考えてのケアはやはり日本人であることにあらためて感謝しました。
お料理はすごいパワーフードで何よりお腹がいっぱい。でも、もたれなく、なんだか幸せでした。季節ごとなら、参加もしやすくて・・・春も予定があうといいなあ・・・ありがとうございました。今度はあたたかくなったら、行きます。よろしくお願いします。

Posted by: あすぱら | February 04, 2010 at 10:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47477971

Listed below are links to weblogs that reference アロマテラピーから入る漢方:

» 古民家で漢方アロマ講習〜冬の養生 [優+遊+癒の笑ッセンス]
JUGEMテーマ:健康朝8時半に稲毛駅にてピックアップしてもらう。本日は成田の自然食レストラン「古民家空間 風楽」にて、漢方アロマ講習会に参加。一足先に漢方アロマに関して講習を受けていますが、今日のは食養生のランチを食べることができるので、参加することに。漢方アロマのレクチャーは復習する形になり、よかったと思います。また、師事した講師とは別の講師のレクチャーも聴けてよかった。いくつかの疑問も解決できました。さて、食養生は冬の養生メニュー。講師が献立をたのんで、自然食作りのエキスパート?布楽の川端... [Read More]

Tracked on February 05, 2010 at 01:04 PM

« 手作りグッズいろいろ | Main | 手作り柚べし »