« ベーグルサンド | Main | 網戸の上で切干大根 »

February 08, 2010

すべてのからだは百点満点

私の尊敬する女性の一人安積遊歩さんの新刊が出た。図書館にリクエストしてようやく借りられたので、さっそくページを開いたら、一気に読んでしまった。今日はとても温かい一日だった。洗濯物と布団を外に干し、土曜日に千切りにした大根をゴザに広げた。本を読むためコーヒーを持って縁側の籐椅子に座った。風もなく陽射しが穏やかで本を読むには最高の朝だ。そのまま日向ぼっこをしながら読み進めた。
相変わらずポジティブで自分の命を丸ごと受け容れ愛している気持ちが伝わってくる。「癒しのセクシー・トリップ」「車イスからの宣戦布告」「女に選ばれる男たち」・・・遊歩さんの著作のタイトルはちょっと過激だけど面白い。そして読んだ後、障がいって何だろう。不自由って何だろうっていつも考えさせられる。
生後40日で骨形成不全症と診断され、2歳の時から10年間で20回近く骨折し、そのたびに大手術を繰り返してきた。脊椎側湾もあり、車いすで生活をしているが、20歳で障がい者運動と出会い、その後渡米し障がい者の自立生活運動の研修を受け、障がいを持つ人たちが社会から隔離、排除された生活を脱し、自分の選択と決定に基づいて生活できるよう八王子に日本で初めて自立センターを立ち上げた。
またアメリカからコウ・カウンセリング(再評価カウンセリング)の手法を日本に広めようと各地でコウ・カウンセラーの養成講座を開催している。私も遊歩さんの本を読み、コウ・カウンセリングのことを知り、もう15年ほど前になるが受講した。専門のカウンセラーを必要とせず、誰もが対等な人間として向き合い、カウンセリングし合う(この時間をセッションと呼ぶ)。この理念の根本には人間は誰もが本来、賢く善良で助け合い、愛し合い、協力し合おうという存在であり、愛と喜びに満ちているというポジティブな人間観がある。
そしてゆっくりと互いの話を聞きあうことで、過去に傷ついた感情を涙や叫びや笑いによって体の外へ解放し、本来持っている尊厳を取り戻していくというものだ。
遊歩さんは40歳の時、子供を産んだ。同じ障がいを持つ娘だった。でも遊歩さんは自分が医療現場で受けた傷を娘に経験させたくないと、骨折しても手術をしないという選択をする。そして娘とも対等の関係を築き、イヤなものはイヤだと言えること、やってほしいことをきちんと伝えられること、何よりも自分の体を障がいの有る無しに関わらず無条件で愛することを伝えていく。
そんな遊歩さんの活動の中から見た貧困や差別、セクシャリティーと生殖の問題などが書かれた本書。読んでいるうちに、いかにこの社会がある程度経済活動のできる健康な人たちを中心に回っているかということに気付かされる。
遊歩さんは痛みを受ける側の経験、弱い側に立たされた経験をしてきたからこそ、そんな社会の怖さをすごく敏感に感じ取ることができるのだろう。そして虐げられている人たちへのまなざしがとても優しい。誰もが100%、自分らしく生きることができるはず。そして相手の権利を尊重しながら、自分の権利を主張していくことはとても自然なことなのだと遊歩さんの本を読むたびに再認識し、元気になる。
午前中いっぱいこの本を読み、午後からは確定申告の準備をするためパソコンに向かって一日入力作業。
夕方、三男が彼女を連れてきてくれた。もちろん何度も会ったことはあるけれど、彼女は私に遠慮があるのか中々来てもらえなかった。モンシュシュの美味しいケーキを買ってきてくれたので一緒にお茶を飲みながら、初めてゆっくり話した。
話していくうちに発見したことがある。おとなしくて人見知りする人だとばかり思っていたのだが、とても明るく素直で、ものすごくポジティブな思考を持っている女性だいうことだ。何かとすぐに凹みやすい三男に比べ、とても前向きに生きている。こういう彼女がいるから三男も頑張れるのだなと思ったら、本当に嬉しくなった。
ポジティブな遊歩さんの本を読んだ後だっただけに、彼女のポジティブさがとてもストレートに私の心に響いてきた。これからももっともっといろいろなことを話したいと思った。いろんな人に出会ってどんどん成長していってほしいなと思えるような女性だった。
親の愛だけでは完全に満杯にならなかったハートの中にある湖。本当はそこの水を満々にして巣立たせたかったけれど、私にはできなかった。でもいつか誰かと出会うことでその湖が満たされ、少しずつ未完成だったハートが埋めあわされいくのだなと思っている・・・私はその力を信じたい。Dscf5417


|

« ベーグルサンド | Main | 網戸の上で切干大根 »

Comments

安積遊歩さんのことは、不勉強で存じませんでした。すばらしい方のようですね。私もぜひ読んでみたいと思っています。

Posted by: yot | February 10, 2010 at 07:25 AM

美樹ちゃん&マサシありがとう。
初めて一緒に来てくれてとてもうれしかったです。
これからは怖くないことがわかったと思うので?気軽に遊びに来てください。一緒でもいいし一人ずつでもいいし。
チーズケーキを積み上げて大歓迎しますぞ!

Posted by: 風楽 | February 09, 2010 at 07:25 PM

とても素敵な女性で…もっと沢山お話ししたかったです。おいしいお土産もありがとうございました。

チーズケーキはいつもながらスゴク美味しかったよ!また会いに行くね!

Posted by: 美樹&マサシ | February 08, 2010 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47516282

Listed below are links to weblogs that reference すべてのからだは百点満点:

« ベーグルサンド | Main | 網戸の上で切干大根 »