« クリスタルボウルの演奏会 | Main | パン教室~ベーグル作り~ »

February 16, 2010

独活を植える

お手伝いに来てくれるジュンコさんは小さい頃から千葉の農村地帯で育ち、ご両親がとてもマメにいろいろなことをされる方だったので、作物を収穫することがとても得意だ。1月末にも「ハイ。プレゼント。何だと思う?」と言って持ってきてくれたのは袋にいっぱいの蕗のトウ。「え~もう見つけたの?早いねぇ~」と驚いたら、「だから私は見つけるのが得意なんだって言ったでしょ?」とケロリとしている。何しろ、タケノコだって、頭がまだ出ない早いうちから、土の上を長靴でなぞりながら見つけてしまうそうだ。
この前は独活の話を聞いた。独活の根っこを植えたら、「ウドの大木」と呼ばれるほどの木だから、どんどん新芽が摘みとれる。でもその新芽に光が当たらないように、周りを木の板で囲い、もみ殻を入れてフタをしておけば、4月の末に、もみ殻の下から白い独活も採ることもできるそうだ。
私がすごく珍しがったら、おじいちゃんから独活の芽を掘ってもらい、周囲を四角く囲む板ともみ殻をセットで持ってきてくれた。それを裏庭の隅に植えた。今、独活の周囲には囲いがしてあり、土の上からもみ殻で覆われ、その上にはフタをしてあり、育つのを待っている(写真の紫の塊は独活が芽を出そうとしている所)。何度説明を聞いても理解できなかった白い独活の育て方がこれでやっとわかった。だけどもみ殻の下に独活の新芽が生えているのを見つけて食べるまでは、まだまだ作っているという実感が湧かないが・・・。
ジュンコさんが子供の頃はタラの芽なんてあちこちにありすぎて、「あんなの食べるもんじゃない」と思っていたそうだ。子供の頃から野山を歩き回っていたので、特別、意識しなくてもどこに何が生えているのか体が覚えている。都会育ちの私にはそういう経験がないから、小さい頃から自然に身に付いたジュンコさんの感覚がとても羨ましい。
コタロウさんもイチゴの苗を持ってきてくれたので、さっそく裏の畑に植えた。以前、イチゴ農家さんに取材に行った時、ライナー(蔓)をどんどん摘んでいってカブを増やしていくと、そこにまたイチゴが実ると聞いたのだが、いつからライナーを移植すればいいのか、私にはよくわからない。
お正月に成田山に行った時も農家のおばあちゃんの出店で、白い粉の付いたジャガイモのようなものを売っていたので、何だろうと思って聞いてみたら山芋の種イモだという。寒い間は土の中に埋めておいて、5月になったら畑に植えるといいよと教えてくれたので買ってきた。ヤーコンの種イモももらったものがあるので、この時期はしばれないように発砲スチロールの箱の中で寝かせてある。
ヤーコンの苗は植えたことはあるけれど、大きな種イモは初めてなので、さてどうやって植えたらいいのか、いろいろ教えてもらわなくては。
つくづく私は作物の生育過程を何も知らないんだなと思う。キュウリやトマトやナスの苗を買ってきて、植えておくだけならやったことがあるので、何とかなりそうだけど、いざ種や種イモから育てるとなると、う~んと迷うことばかり。でも何もかも初めてのことなのだから、「できたらラッキー」くらいのつもりで、少しずつ育てていこうと思っている。いずれにしても収穫が何よりの楽しみだ。Dscf5436


|

« クリスタルボウルの演奏会 | Main | パン教室~ベーグル作り~ »

Comments

コバさんありがとう。
今日はパン教室のご参加ありがとうございました。
初めてのパン教室、いかがでしたか?
いつもあんな感じで和気あいあいとやっているので、また機会があったらご参加下さいね。焼きたてパンは美味しくてついつい食べ過ぎてしまうのが困りものですが・・・。

Posted by: 風楽 | February 17, 2010 at 06:05 PM

フランツさんありがとう。
ヤーコンも地中に植えておこうかと考えたのですが、ここの寒さは半端じゃないので、ちょっと待てよ、発砲スチロールの方が安心じゃないかなと迷いつつ、まだそのままにしてあります。
ヤーコンの苗を買ってきて、植えたことはあるので、少しだけなら私も収穫したことがあります。霜が降りた後でも地中の中で凍ることなく、元気でいてくれたので、強い子だなあと感心しました。
今週はヤーコンウィーク。毎日、料理してヤーコンを売っているので、もう10キロも残っていませんよ~。
そのうち追加注文します。

Posted by: 風楽 | February 17, 2010 at 06:01 PM

エイコさん、楽しそうですね。
はじめて、聞く事ばかりで、ブログ楽しみにしています。
自分が作ったものが喜ばれるって、うれしいですよね。
エイコさんが作ったものがお店に出される日を楽しみにしています。(^_^)

Posted by: コバ | February 17, 2010 at 06:01 AM

ヤーコンお買い上げありがとうございました。
ヤーコンの種芋はこの時季でもやや深めの土中に埋めておけば4〜5月くらいかな、勝手に芽が出てきますね。
現在発泡スチロールでに保管している種芋でも、拳の半分くらいの大きさに割っちゃって、ジャガイモみたいに(石灰とか付けなくてもよい)等間隔で植えていくのです。これも4〜5月くらいですね。
うまく育てば8月くらいに葉と茎で1m50〜2mくらいの高さになります。
11月頃には地下に芋が!上が枯れる前にタンポポ大の小さな花を咲かせます(キク科ですから)。そうなると収穫の時季です。折らないように掘るのはたいへんですよ。サツマイモとは違いますからね・・・。

わが職場では、トマト、なす、ピーマン、ししとう、キュウリ、ゴーヤー、タマネギ、長ネギなどすべて種から育苗しています。ってほとんど私がやってるんですけど。今度アドバイスしますよ。

Posted by: フランツ | February 16, 2010 at 10:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47582754

Listed below are links to weblogs that reference 独活を植える:

» 引越し 値引き [引越し 値引き]
引越し料金の値引き方法!引越し料金は安くなるんです! [Read More]

Tracked on February 16, 2010 at 09:02 PM

« クリスタルボウルの演奏会 | Main | パン教室~ベーグル作り~ »