« 宿泊セミナー「就農のススメ」 | Main | 谷は眠っていた~富良野塾の記録~ »

March 10, 2010

耕運機で畑を耕す

昨日一昨日と風楽で行われた「就農のススメ」に参加した新規就農のヒトミさんが、軽トラに耕運機を積んで持ってきてくれた。昨年、就農し小見川で無農薬のフサコガネというお米を作っている人だ。南側の庭を耕したいのだが、篠竹や瓦礫や石ころが多く土も固くて大変だと話したら、明日から1週間ほど留守をするので、その間、耕運機を貸しておいてあげるよと運んできてくれたのだ。耕運機があると便利なのはわかっているのだが、今の私の経済状態ではとても耕運機まで買うことはできない。それにもしお金が貯まったら、まずは厨房の調理台とオーブンと製氷機を買いたい。
今日はランチのご予約は入っていなかったが、14日のお蔵フェスタ出展の準備をするため、午前中は容器などいろいろな買い出しをしに行ってきた。帰ってからヒトミさんが来るまで1時間ほど時間があったので留守の間にたまっていた新聞に目を通した。
ヒトミさんが来てから耕運機のエンジンのかけ方を教えてもらい、実際に南側の土の上に耕運機をかけてみた。最初、重いなあと思ったけれど、エンジンをかけながら押して行くと、機械の力でどんどん土がほぐされていくので嬉しくなってしまった。この前、鍬で耕したが、とにかく土が固くて歯が立たない!?という感じで、1時間ほどやっただけでかなりヘロヘロになってしまった。
でもさすが機械の力!。あっという間に土がほっくりと耕され、柔らかい土になっていった。ただ篠竹の根っこがかなり強く地下茎でつながっているので、完全にその根っきりをするのは難しそうだが。今日は縦にかけたが、耕していない畑は横にも再度かけた方がいいそうだ。そして堆肥や残差などを入れてもう一度、かけておく。粘土質の土なので野菜がうまく育ってくれるかどうかわからないけれど、少しずついい土になっていってくれたら嬉しい。
作業をしている時、ちょうどミゾグチくんとユウコちゃんが来たので、ヒトミさんを紹介し、4人でお茶にした。ミゾグチくんも5年ほど前に新規就農しているので、二人をお引き合わせできたらいいなと思っていたので、ちょうどいいきっかけになった。
耕運機は高価なものなので、外に出しっぱなしにしておくと盗まれてしまうこともあるらしいので、土間まで運び入れてしまっておくことにした。1週間の間、少しずつ活用して土を耕していこう。こんな便利な農器具貸していただくことができてとても助かった。ありがとうヒトミさん!
Dscf5633_3

|

« 宿泊セミナー「就農のススメ」 | Main | 谷は眠っていた~富良野塾の記録~ »

Comments

hanaさんありがとう。
畑の方はとりあえず、全部、あの辺りをまとめて耕運機をかけてしまいました。
ものすごい篠竹と瓦礫で手ではとても奥深くまで耕すことができませんね。
今までも耕したつもりでしたが、実際には表面の部分だけで、それ以上はやはり機械の力に頼らなければできないのだなと、よくわかりました。来週には腐葉土や残差を入れて少し寝かせようと思ってます。

Posted by: 風楽 | March 11, 2010 at 10:06 PM

こんばんはshine
久しぶりにパソコン開いたらタイムリーな記事だったので‥smile
畑のこと、いつも気になっているのですが今時間が取れなくてそちらに伺えませぇーんsweat01
お手伝い出来なくてすみませんm(_ _)m
宜しくお願いしますclover

Posted by: hana | March 11, 2010 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47775949

Listed below are links to weblogs that reference 耕運機で畑を耕す:

« 宿泊セミナー「就農のススメ」 | Main | 谷は眠っていた~富良野塾の記録~ »