« 自家製青汁?! | Main | 梅酵素 »

June 27, 2010

梅ジャム

琥珀色に煮つめられた飴のようにトロ~リとしたものが大鍋いっぱいに入っている。
初めて本格的な梅ジャムを作ってみた。今まではいつも梅ジュースや梅酵素を作った後の梅を捨てるのがもったいなくて、種をとって砂糖を加え煮て梅ジャム(もどき?)を作っていた。でもすでに美味しい梅のエキスは果汁として出てしまった後なので、あくまで再利用という感じで本当に美味しい梅ジャムではなかった。
一昨日も梅が山ほど落ちてきた。集めたら樽にいっぱいになった。一晩水に浸してから昨日の朝から煮込んだ。ちょっと煮込むだけで梅の実が柔らかくなるので、その中から一つ一つ梅を取りだし、水の中で梅を洗いながら種を取り出し、最後にその梅と水を鍋に戻してまた煮込む。
ただあまりに量が多くて種を一つ一つ取るのは大変だったので、お玉ですくいながらザルの上に乗せ、ヘラで梅肉を裏ごしし種だけを取り除いていった。でもかなり水分が多かったので、コトコト煮詰めること5時間近く。最後に砂糖を入れたがまだ甘みが足りなかったので、今日、砂糖を追加してまた煮込んだ。
結局、2日がかりで完成した梅ジャム。白砂糖ではないので色は黒っぽくなってしまったけれど、正真正銘の梅肉100%の梅ジャムだ。それにしても樽いっぱい10キロ以上もあった梅が種を取り除いて煮詰めたら、大鍋いっぱいだけになってしまうとは・・・。この梅ジャムはスプーン一杯に一体、どれだけの梅が入っているのだろう?
今日は湿度が高かったが、南西の風が強く、窓を開け放つことができず一日中、蒸し暑い室内だった。にも関わらず何件もご予約が入り、ご予約以外にもたくさんの方が来てくださったので大忙しだった。トモちゃんは「汗が目にしみる~」と言いながら、ジュンコさんは大汗かきながら・・・3人で「暑いねえ~」を口グセのように繰り返し、水をガブガブ飲んでは仕事を続けた。
この古民家、風がとてもよく通るので、穏やかな風の時は窓を開け放していれば、とても気持ちがいいのだが、今日のようにちょっとでも風があると、もう室内のものが吹き飛ばされそうになってしまう。だから暑くても窓が開けられなくて困ってしまう。
大忙しの後のアフタヌーンヨガは私にとってのリラックスタイム。厨房で忙しく仕事をしている最中は「この後にヨガ、できるかなあ?」と不安になってしまうのだが、始まってしまうとUKO先生の穏やかでゆったりとした声に合わせてどんどん自分の内面に入っていけるのだ。
最近、ヨガをやっている時の呼吸がとても深くなってきた。そして終わった後の何とも言えない心地よさ。やる前とは大違いだ。UKO先生に話したら「お風呂みたいですね」だって。
入る前までは疲れているから今日はやめようかなあと迷っていても、ゆっくり浸かってあがったら「ああ気持ちよかった~」ってなるもんね。
UKO先生のマインドフルネスヨガは毎週日曜日4時から5時半まで。参加費は初回のみ1000円で、2回目以降の方のためにお得な回数券ができました。3カ月有効で4回6000円です。皆さんもいかがですか?
Dscf6136


|

« 自家製青汁?! | Main | 梅酵素 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/48736832

Listed below are links to weblogs that reference 梅ジャム:

« 自家製青汁?! | Main | 梅酵素 »