« 古木山東伝院にてキャンドルナイト | Main | 梅仕事 »

June 21, 2010

ズッキーニの花

できることなら畑で育てる野菜は種から撒きたいと思っている。小さなポット苗のケースに土を入れて種を撒く。発芽してある程度大きくなったら畑に定植していく。ただ種からだとそれほど発芽率がよくないので、苗を買った方が確実なのだが、ダメ元で種まきをしている。
撒いた種の中でズッキーニは芽を出すのが一番早かった。そして苗が大きくなるのも早かった。1か月ほど前に畑に定植したのだが、苗と苗の間隔がちょっと狭かったようだ。茎がどんどん伸びて、今黄色い花が咲いている。ズッキーニを育てるのは初めてなので、雌花と雄花があることも知らなかった。本で調べたら、朝早い時期に雄花を摘んで雌花に受粉させると書いてあった。でもこんなに虫の多いうちの畑で人工授粉なんて必要なさそうだ。
雌花と雄花の違いは雌花の方は根元にズッキーニの赤ちゃんのようなふくらみがついている。いつのまにか小さなズッキーニが実っていた。これが土に触れて腐れないように気をつけなければ。
今日は西側の畑の草取りをした。一雨ごとに草がぐんぐん伸びていく。化学肥料も使わない固い土なので、野菜が育つのはかなりスローペースだが、雑草たちが育つのは超スピーディだ。
サツマイモも植えた当初は葉がしおれていたので、心配していたが、ようやくハリのある大きな葉っぱに育ってきた。マルチが敷いてあるので草取りをしなくてすむが、この固い篠竹の根っこだらけの土の中で芋が育っていくのは大変そうだが、「しっかし育つんだよ」と声をかけている。
先日撒いた晩生の落花生も発芽し始めているし、ジャガイモは収穫間近。少しずつ確実に野菜たちが育っている。野菜の成長を見るのが嬉しくて草取りをしない日にも畑を見に行ってしまう。
Dscf6125_2


Dscf6127_2


|

« 古木山東伝院にてキャンドルナイト | Main | 梅仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/48688848

Listed below are links to weblogs that reference ズッキーニの花:

« 古木山東伝院にてキャンドルナイト | Main | 梅仕事 »