« 成田山祇園祭へ | Main | 大風の後 »

July 12, 2010

夜中の大風

ちょっと油断してしまった。昨日の夕方から風が出てきたのだが、涼しくなってきてよかった・・・くらいのつもりで何も考えていなかった。テレビがないので天気予報を見る習慣がない。たまにつけているFMで天気予報を聞くくらいだ。さすがに台風予報や雪が降りそうな時はネットで小まめに情報を覗くけれど、昨夜は特に気にしていなかった。
夜、車のディラーで仕事をしている娘が泊まりに来た。ボーナス時期なので、この土日はものすごく忙しかったようで、家に着いたのは11時過ぎ。お昼も食べる時間がなかったそうで、お味噌汁を飲んで「ああ落ち着く~」と一言。忙しすぎて食事も作る時間がないようで、家に来た時はとにかく野菜をよく食べる。
ちょっと話してから1時半過ぎに布団に入った。その頃は風がかなり強くなっていた。疲れてすぐに寝てしまった娘の隣りで私はガラス戸を揺らす風の音が気になって仕方ない。まるで台風の時のような風音がずっと続いている。ガタガタとかなり激しくすりガラスが揺れている。こんなに風が強くなるとは思わなかったので雨戸を閉めていなかったのだ。とても寝られなくて雨戸を閉めることにした。
でもここの雨戸は閉めるのが大仕事だ。コンパネで作ってもらった戸板は重すぎて一度に動かないし、外に回らないと、一番端まで戸が行かないのだ。それに縁側には灯りがないので夜になると真っ暗で何も見えない。戸板を上と下の溝にキチンと入れてから押すのだが、懐中電灯ではよく見えない。それに夜中に庭に出るのはイヤなので数枚を出しただけでまた布団に戻った。
でも相変わらず風が強いので、寝られないままゴロゴロしていたら突然バリンというガラスの割れる音。強風にあおられたガラス戸が縁側の方に倒れてガラスが割れてしまったのだ。ああやってしまった!このままだと室内に突風が入って障子もあおられて外れてしまうだろう。真っ暗な縁側を歩くのは危険なので片付けは諦めて、とりあえず外に出て雨戸を閉めることにした。でも暗い中で動かしているので、レールにうまく入っておらず、閉めた雨戸が外れて庭に飛んでしまった。大風の中をコンパネでできた重たい雨戸を起こしてレールにはめるのがまたとても大変。
明るい時間でさえ、ここの雨戸の開閉は一苦労。特に西側は力がなければ動かせない雨戸なのだ。それでついつい閉めたくなくなってしまうのだが、こんなことになるのなら、夕方に天気予報を確認して、やっておけばよかった。朝になったらガラスを片付け、割れた所に板を打ちつけなければ・・・とあれこれ考えていたら、その後も寝られなくなってしまった。
周囲に家がなく西側に山があるせいか、この家は風がものすごくよく通る。でもそれは悪天候の時、普通の場所よりも風当たりが強いということだ。台風でもないのにこんなに強い風に煽られるなんて。しかも強度のないすりガラスなので重たくても雨戸は絶対に閉めないと。
畑の野菜たちも風になぎ倒されてしまった。スティックブロッコリーは根っこごとひっくり返り、茄子も何本か倒れ、ミニトマトは支柱が倒れてそこにつながれている蔓も一緒に横になっていた。まだまだ食べ始めたばかりなのに再生してくれるだろうか。まだ風が残っているので雨戸は今夜も閉めたままで寝るつもり。
写真は昨日、ジュンコさんが蓮田から手折って来てくれた蓮の花。茎がひゅっと伸びた蓮の花を花器に生けたのは初めてだ。茎の切り口まで蓮の形になっている。葉っぱの方は水あげしないそうで、またたく間に丸まってしまった。でも花が枯れた後、花芯を乾燥させて置いておくと可愛いよと教えてもらったので、花が終わった後まで楽しみ。外は大風でも家の中ではこの花が静かに咲いていてくれるので、なんだかほっとする。
Dscf6209

|

« 成田山祇園祭へ | Main | 大風の後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/48861797

Listed below are links to weblogs that reference 夜中の大風:

« 成田山祇園祭へ | Main | 大風の後 »