« 新米と落花生 | Main | 子どもが遊ぶ風景 »

August 30, 2010

畑仕事

以前、ジャガイモ畑だったところを、収穫後、ほっておいたら、あっという間に草ボーボーになってしまった。そろそろ秋野菜の準備をしなければ。まず今日はその草を抜いていこうと思った。
朝、相変わらず早く目が覚めてしまったので、暑くならないうちにやろうと思ったのだが、なぜか動く気にならず、本を読んでしまった。読み終わった頃、さあ、そろそろ始めようかなと外を見るとギラギラとした太陽が庭を照らしていた。でもじっとしていた分だけ今度は思いきり汗をかきたい気分になってきたので?11時半過ぎにモンペにはきかえ、顔をタオルで覆い、麦わら帽子をかぶって外に出た。
暑いっ!伸び放題に草が伸びているけれど、土がカラカラに乾いているので、手で一本ずつ根っこまで抜いていくことができた。以前、畑に生えている草を刈払機で刈ったことがある。でも上の部分が刈り取られただけで、根っこは残ったままなので、その後、また根っこ抜きをしなければならず、2度手間になってしまった。なので面倒でも畑の草は手で抜くしかなさそうだ。
早朝にやっておけばもっと涼しかったのに、よりにもよって一番気温の高い時間にわざわざ草取りをしているなんて・・・Tシャツはもう汗が絞れそうだ。
結局、11時半から1時半までの2時間かかって南の畑の草取りを終えたが、とても畝立てまではできなかった。さすがに疲れたので、一度家に入り、シャワーを浴びてソファに寝っ転がりながら一休み。今日も真夏日だ。
4時過ぎから再び、支度をして畑へ。今度はEMぼかしと苦土石灰とEMの活性液を畑に撒き、鍬をふるいながら畝立てをしていった。何と言ってもこの仕事が一番大変だ。本当は全ての場所を一度、ぜ~んぶひっくり返したいところだが、とても鍬一本ではムリだ。
草取りをしながらあちこちに黒い芋虫?を見つけた。野菜の葉を食べてしまうようだ。カボチャはまだいいけれど、サツマイモの葉がレース状態になっていたし、里芋も葉をほとんど食べられてしまって、ああショック~。
期待していたヤーコンも大きく育たず葉が枯れ始めている。やっぱりこの場所を畑にするのは厳しいのかなあと悲しくなってくる。未だに鍬をふるうと瓦礫にあたり、そのたびに土の中から塊を拾い出している。篠竹もあちこちに伸びていて、とても鍬などで根絶させることはできない。
でも3分の1は土のため、3分の1は虫に食われても仕方ない、そして残りの3分の1だけ収穫できることを目指して、少しずつ野菜を作って行けたらと思っている。
起こした畝にはにんにくと年内に収穫できる白玉ねぎという品種を植えた。玉ねぎは一番使う野菜なので、できたらとても嬉しいけれど、種を撒いて苗を作り、春までの長期間、育てていくなんて難しそうだ。とても私にはできそうにないので諦めた。
全部の仕事が終わったのはすっかり日が落ちた6時半頃。鍬をふるった後はいつもヘロヘロになってしまうのだが、水撒きをしながら水をじゃぶじゃぶと飲み、顔を洗い、暗くなってからの風に吹かれていたら、ものすごく気持ちよかった。日中はあんなに暑かったのに、夕方の風はもうすっかり秋風だった。
Dscf6522


|

« 新米と落花生 | Main | 子どもが遊ぶ風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49298522

Listed below are links to weblogs that reference 畑仕事:

« 新米と落花生 | Main | 子どもが遊ぶ風景 »