« 庭のウッドテーブル | Main | ミニトマトとキュウリとお豆のマリネ »

August 03, 2010

梅干しの土用干し

遅ればせながらようやく梅干を干し始めた。これだけカラッカラの晴天が続いているのだから、一日干すだけでもかなり効果アリ?という感じだけれど、土用干しというのはなぜか昔から三日三晩と言われているようだ。
時期的にはもう土用干しを終えていなければならないのだが、ちょっと遅くなったのには理由がある。それは赤ジソが成長するのを待っていたのだ。赤ジソは勝手にそのあたりに自生しているものが多いのだが、この敷地内の庭にはたまたま一株しかなかった。梅干用に使おうと、草刈りの時も刈らずに残しておいた。でもまだ葉っぱが数枚だけの小さい赤ジソだったので、大きく育つのを待っていたのだ。
お盆の前までに干し終えたかったので、毎日、大きくなるのを楽しみに?待っていたのだが、結局、あまり大きな株にはならず、そろそろタイムリミットかなと思い、先日、塩もみして梅干の中に漬けた。でも梅干自体が10キロ以上あるので、やや量が少なく色が薄かったので、どうしようかなと思っていた。結局、近くの畑に赤ジソがあったので、やっている方にお願いし、少し分けていただくことにして、その分を追加で加えたら、本当に美しい紅色が梅酢の中に広がっていった。
梅酢は風楽の料理に欠かせない存在なので、いくらあっても便利。最近ではほとんど酢を使わずに、ドレッシングでも酢のものでも梅酢を利用。今回の梅干でまた赤梅酢がたっぷり保存できそうだ。
それにしても青く澄みきり晴れわたった空の下に、キレイな紅色に染まった梅干が並んでいる姿はとても美しい。この敷地に生えている梅の木から採れた梅が、これから一年間、私たちの体を整えてくれる日本古来の梅干になって風楽の厨房に保存されていく・・・なんだかとても嬉しい。
Dscf6312


|

« 庭のウッドテーブル | Main | ミニトマトとキュウリとお豆のマリネ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49065389

Listed below are links to weblogs that reference 梅干しの土用干し:

« 庭のウッドテーブル | Main | ミニトマトとキュウリとお豆のマリネ »