« アズキッチンへ | Main | 畑仕事 »

August 29, 2010

新米と落花生

料理教室に参加されているお客さまから新米を分けていただいた。EM菌やボカシを使って減農薬のお米を作って、「ちばエコ認証」も取得されているとお聞きしていたので、「稲刈りが終わったら少し試食させていただけませんか?」とお願いしておいた。
その方が土曜日の夕方、まだできあがったばかりのコシヒカリをわざわざ持ってきて下さった。早生のお米は少しずつ稲刈りを始めているけれど、私の中では地元の新米が8月中に食べられるなんて思ってもみなかった。以前、スタッフだったヒデコちゃんは種子島生まれなので、8月下旬には新米のお裾わけを持って来てくれたのだが、ここは成田だ。まさかこんなに早い時期にと本当に驚いた。
いつもなら玄米なのだが、新米は銀シャリに限ると、試食は白米をお願いした。さっそく今朝、炊いてみた。ピカピカに光っている美味しいお米だった。この前作ったゴーヤの佃煮との相性がピッタリ。あまりに美味しくてどんどん食が進んでしまうのだ。ちょっと怖いなあ・・・。
もうひとつ、今日は初物を食した。畑の落花生だ。早生の方を抜いてみた。根っこにしっかりと落花生がなっている。さっそく塩茹でにしてみた。でも茹でてからわかったのだが、まだ皮の柔らかい未熟のものが半分くらいあった。よく見ると殻の筋もきちんとできていない白っぽい落花生だ。
急いで茹でてみたものの、半分近くはまだ未熟ものばかりだったので、収穫はまだだということなのだろう。毎日の水やりを忘れずに、もう少し成長してくれるのを待とうと思う。
今日は朝から8名様のご予約が入り、その後、1時頃からはお客様がとても多く、久しぶりに大忙しの一日となった。それにしても今日は朝から風がなくとても暑かったので、大勢のお客様であふれた座敷はさぞ暑かったのではないかと思う。玄関も縁側の戸も開けられる所はすべて開けているのだが、なかなか全部の部屋に風を通すというのは難しい。今日は夏休み最後の日曜日。クーラーのない、こんな遠い店まで、わざわざお食事に来て下さった皆さん、本当にありがとうございます。
新米をいただいたり、落花生を掘ったり、確実に季節の営みは秋に向かっているというのに、まだまだ気温だけが真夏モードだ。残暑が続き、私の大好きな秋が短くなってしまうのではないかと、ちょっと心配。
Dscf6514


Dscf6509


|

« アズキッチンへ | Main | 畑仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49289301

Listed below are links to weblogs that reference 新米と落花生:

« アズキッチンへ | Main | 畑仕事 »