« 娘とデート? | Main | 種まき »

September 08, 2010

クチーナトキオネーゼ コジマ 料理サロン

富里にあるイタリアンのお店「クチーナトキオネーゼ コジマ」の料理サロンに行ってきた。毎月数回、オーナーシェフである小嶋正明さんが自ら料理をデモンストレーション形式で作り、素材にまつわるお話をしながら、その後、そのお料理をいただくという内容の料理教室が行われている。最初、営業時間中にどうやって料理教室を行うのだろうと、とても不思議だったのだが、レストランフロアに隣接した形で、独立したお部屋(客席)が一つあるので、そこを会場にし、お話が終わった後はそのままお食事ができるようにセッテイングされていた。
今日のメニューはシンプルな茹で野菜に天然塩とオリーブオイルをかけたもの、それときのこのパスタだった。私も料理の仕事をしているので、調理人の方がどのような手さばきでお料理をしているのか、その手元にとても興味がある。でも既に野菜は切って茹でてあったので包丁さばきが見られず残念!
作りながらオリーブオイルのお話をされていたのが面白かった。同じイタリアでも北部と南部ではオリーブの実の味が違うため、地方によってオリーブオイルの味も異なってくるそうだ。南部は温かいので甘くて果実味が強いものが多いが、逆に北部は気候が低い分だけすっきりと繊細な味がするのだそうだ。ご自身もまたイタリアに料理修行に行かれていたので、いろいろな地方を回りながら、その土地ならではの食材を見て来られたのだろう。本場での経験は財産になっているのだと思う。
またレストランで日常的に使われているという唐辛子を種ごとペーストにしてオリーブオイルに漬け込んだ唐辛子オイルやにんにくオイルなども見せていただいた。これを作り置きしておけば、いつでも簡単にパスタができそうだ。私は和食中心なので、オリーブオイルはサラダに使ったり、たまにバーニャカウダーを作るくらいで、それほど大量には使わない。でも茹でた野菜に塩とオリーブオイルをかけただけでもとても美味しいワンディッシュになったので、これからはいろいろ使い方を工夫してみようと思った。
違う分野のプロのお話をお聞きできて楽しかった。このサロン、毎回、定員は12名なのだが、とても人気があるようだ。また参加したいなと思った。

今日は風楽が古民家でレストランを始めてからちょうど一年になる。特別なお祝は何もしないけれど、自分一人で静かにワインを飲んで乾杯をした。「50歳までには古民家へ移住し、自分で作った野菜でお店の料理を作りたい」という大きな夢が一つ叶って・・・なんて幸せな一年だったのだろう。
これまで応援して下さった皆さん、どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。いつも楽しい風が吹いているこの場所を大事に育てていきたいと思っています。Dscf6792


Dscf6801_2


|

« 娘とデート? | Main | 種まき »

Comments

hanaさんありがとう。
早いものですね。
hanaさんがお掃除のお手伝いに来てくれた日のことを懐かしく思い出していました。粘土で穴ぼこ、塞いで下さったんですよねえ~!いろいろありがとうございました。また遊びに来てくださいね!

Posted by: 風楽 | September 09, 2010 at 10:38 PM

一周年おめでとうございます。
益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。

Posted by: hana* | September 08, 2010 at 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49390779

Listed below are links to weblogs that reference クチーナトキオネーゼ コジマ 料理サロン:

« 娘とデート? | Main | 種まき »