« 子どもが遊ぶ風景 | Main | 松丸本舗~丸善丸の内本店4階~ »

September 01, 2010

ハーブ&おいしい野菜塾レストラン

一日中、都内に出てあれこれ行きたかった所に行って用事を済ませてきた。お昼は都営三田線の西台の駅から歩いて15分の所にある「ハーブ&おいしい野菜塾レストラン」へ行ってきた。なんと家から3時間!遠かった~。いろいろな雑誌などにもよく紹介されている店で、敷地内にある畑で育てた自家野菜とハーブを料理に使っている。ずっと気になっていたのだが、高島平まではけっこう遠いし駅からも歩くので、わざわざそこだけに行くという感じになるため、ついつい機会を逃していた。でも少しではあるが、自分で育てた野菜を料理にお出ししているので、最近、自家製野菜のレストランがとても気になって仕方ないのだ。
メディアにも紹介されることが多いので、朝のうちに予約を入れておいた。それでもガラス越しにガーデンが見えるテラス席はすでに予約でいっぱいだった。どちらかと言うと簡易な作りでプレハブに近いような建物だが、開口部が広くて明るいのでとても開放的な雰囲気だ。テラス側の席は全面ガラス戸なので、庭がよく見える。オードブル風のサラダ、カボチャの冷たいスープ、メインディッシュ、パン、デザート、コーヒーという日替わりまたはサービスランチが1500円。野菜たっぷりのランチだった。
お昼を食べた後、恵比寿に出て介護施設にいる父に会いに行ってきた。8月は暑くてとても都内まで出かける気になれず、父と会ったのは一カ月半ぶりくらいだ。もう父も85歳。このところ杖で歩くことがほとんどできなくなったようで、車いすを自分で押しながら移動していた。
私のことも「エイコ」という名前が出てこない。「私はだあれ?」と聞いてもなかなか答えられない。以前はそれを認めようとせずに、「今、考えているところだ」なんて強がりを言っていたのだが、今回は「もうみんなわかんなくなっちゃったよ~」と最初から降参状態。もしかしたらこれを退化と呼ぶのかもしれないが、私から見たら、あの父が強がらずに素直になって、できないということを最初から受け入れている姿を見るとほっとする。
余計なことを心配をする必要はないし、ただ施設で用意してくれたプログラムなどに楽しく参加し、待ち遠しいご飯やおやつを美味しくいただき、眠たくなったら寝るという静かな毎日だ。こんな暑さの中でも室内は過ごしやすい温度と湿度に管理されているので、夏バテにもならない。そんな生活をしているうちに、あれこれ考えることを放棄してしまったような気がするけれど、すっかり丸くなってニコニコ顔で「何もわからない状態」だということもわからないまま、穏やかに過ごしている父を見ていると、これでいいのだろうなあと思う。
ようやく父の近くにいても威圧感を感じることがなくなってきた。いつも何かしらお土産を持っていくのだが、お菓子を前に一緒にお茶を飲みながら、わけのわからない父の話に相槌を打って、私も笑えるようになった。おそらくもうそれほど長いことはないだろう父の人生の最後にこういう時間を持てるようになったことを嬉しく思う。
「じゃね。バイバイ」・・・子どものようにそう言って手を降る父の姿を見ながら施設を後にした。
Dscf6531


Dscf6534


Dscf6539


|

« 子どもが遊ぶ風景 | Main | 松丸本舗~丸善丸の内本店4階~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49326581

Listed below are links to weblogs that reference ハーブ&おいしい野菜塾レストラン:

« 子どもが遊ぶ風景 | Main | 松丸本舗~丸善丸の内本店4階~ »