« マニュアル撮影 | Main | クチーナトキオネーゼ コジマ 料理サロン »

September 07, 2010

娘とデート?

とても程度のいい車を譲っていただけることになったので、昨日の夜から泊まりに来ていた娘と休みを合わせて二人で陸自に行って名義変更と車体登録をしてきた。車のディーラーで働いているので、陸自にしょっちゅう行っている娘が書類も全て用意してくれて、私は言われるままに車庫証明を申請し、ハンコを押すくらいしかすることがなかった。
明日が娘の誕生日なので、その後、幕張のアパホテルの最上階でランチを一緒に食べた。眼下に広がるベイタウンがとても小さく見える。毎日暑過ぎて、最近、食欲がないんだ~なんて言っていたけれど、昨日の晩ご飯もよく食べていたし、今日も家のゴーヤを4本持って帰ってチャンプルーを作るんだなんて言っていたし、ランチもたっぷり食べていた。昔は好き嫌いが多かったのだが、大人になってからは野菜が何よりも大好きになり、私が作った野菜料理をモリモリと喜んで食べてくれるようになった。
最近、仕事の話もお互いによくするので、泊まりに来てくれる日はあれこれ話すのがとても楽しみだ。仕事を通してたくさんの方と出会い、お客さんからとても可愛がっていただいているようなので嬉しい。でも女性であっても男性と同等に営業をし数字を追いかけていくうちに、いつのまにか男性化?しているような所があって、最近、結婚願望も薄れてきたみたいだ。
結婚だけが人生でもないし、仕事だけが人生でももちろんない。だから何かをやるために何かを犠牲にするというのではなく、恋も仕事も遊びも若い時は思いきりエンジョイしてほしい。ただどこにいても何をしていても、自分が生かされていることの感謝だけは忘れてほしくない。
私の父は私をお嬢さんらしく育てることが生きがいだった人だ。お人形さんのように育てられることがとてもイヤだったが、父の存在は私にとってとても大きく決して逆らうことができなかった。学校も結婚も父なりの「幸福観」をもとに、私の人生のレールを敷いていたのだが、私は自らの意思でそのレールから降りてしまった。
娘がこんなことを言っていた。「おじいちゃんの言うとおりに、裕福な家の人と結婚していたとしたら、きっと今のママはいなかったよね。パパと結婚し、離婚もし、いろいろあったから、ママは今のママになっていったんだと思うよ。だから離婚したこともよかったんじゃない?」。
離婚は子どもに大きな傷を残す。しなくてもいい寂しい思いを子どもたちにさせてしまったのは事実だ。もちろんイヤだったに決まっているのに、今はそんなふうに母親を丸ごと受け容れてくれている。そのことがどれほど私に勇気を与えてくれていることか・・・。つくづく子どもの存在ってありがたいなあと思う。
Dscf6781


|

« マニュアル撮影 | Main | クチーナトキオネーゼ コジマ 料理サロン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49383064

Listed below are links to weblogs that reference 娘とデート?:

« マニュアル撮影 | Main | クチーナトキオネーゼ コジマ 料理サロン »