« 集中豪雨? | Main | 柿とアーモンドのタルト »

September 21, 2010

オンシジューム

またいっぱいお花をいただいた。1周年の記念にと友達が持って来てくれたものだ。いろいろあったので、似合う花同士を組み合わせて生けた。花の種類によって組み合わせを選んで生けられるなんて、ものすごく贅沢な気がする。これはデンファレとオンシジューム。二つともランの一種なので、日常的に野に咲いている花ではない。私にとってはちょっと華やか過ぎてあまり好きな花ではないのだが、タイで買ってきた古いカゴに生けたらなんとなく古民家の座敷に置いてもしっくりと似合ってきたような気がする。鮮やかな紫と黄色という組み合わせもピッタリだ。
今日は子育て中のお母さんたちがお子さん連れで食事にいらした。「あっちのお部屋に絵本がいっぱいあるから好きなの読んでいいよ」と子どもたちに話したら、さっそく絵本を持って行ったりきたり。子どもが絵本を本箱から選んでいる時の表情って可愛いなあと思う。字が読めないのに、背表紙だけを手掛かりに自分の好きな本を真剣に探して見つけてくるのだから。
子どもたちが小さい頃、よく図書館に行ったのだが、よくもまあ、好きな絵本を本箱の中からちゃんと見つけてくるもんだなあといつも感心していた。大人だったら背表紙の字を読んで、何の絵本か認識するのだが、子どもは背表紙から全体のイメージをあれこれ想像して抜き出していくのだろう。
座敷に絵本を置いたら、もっと気軽に手に取れるのだろうなあと思うのだが、かなり処分してきたとは言え、あの膨大な量の絵本のふさわしい置き場が見当たらないので、仕方なく裏側の部屋に並べたままだ。
絵本や本類は全くの私物ですが、お食事の合間に、お席にお持ちになって自由にお読みいただいてけっこうです。
Dscf6933


|

« 集中豪雨? | Main | 柿とアーモンドのタルト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49518591

Listed below are links to weblogs that reference オンシジューム:

« 集中豪雨? | Main | 柿とアーモンドのタルト »