« ゴーヤを生ける | Main | 新しい家族?! »

October 16, 2010

ベイタウン朝市出店

真っ暗な夜中の2時に目覚ましをかけ、眠い目をこすりながら圧力鍋に大豆を加えて火にかけた。一回目の玄米を炊きながら、キッシュ用のタルト台をオーブンに入れ、昨日のうちに仕込んでおいたヒジキのマリネをパック詰めしていく。家を出るのは6時の予定だったので、4時間で積みこみを含めて全ての料理を作り終えなけばならない。時間を逆算しながら、手を休めることなく仕込み続け、予定どおりに6時出発。
今日はベイタウン朝市に出店してきた。今まで何度もイベントやお祭りなどには出店してきたが、朝市のように早くから開催されるイベントは初めてだ。早朝の7時半から始まるので、出店する方は明け方前から大忙し。その代わり11時半には終わるので、うまくいけば1時頃には店に戻れる。
初めてなので勝手がわからなかったけれど、出店するからにはいろいろ持っていこうと昨日から準備を始めた。会場は打瀬公民館横の広場で、車をテントサイトまで乗り入れできるし、車も路肩に止められるので使い勝手がとてもよかった。ベイタウンという都市型の住宅地内の中で、そこだけポツリと残っている空き地が、アスファルトとマンションに囲まれた住民たちの憩いの場として再利用されている。千産千消をテーマにして農業、水産業、加工業などの生産者が集まり、こだわりの食材を持ち寄って販売される朝市はとてもいい形で地域を活性化しているようだ。
ただ風楽のように素材にこだわり、手間暇かけて作ったお惣菜などはそれほど安い価格をつけることができないので、一般業者さんたちの手頃な食材の中で、太刀打ちするのはかなり大変だった。結局、思っていた以上には売れなかった。玄米ご飯などはたくさん残ってしまい、帰りにあいりん堂さんに寄って「お客様に差し上げて下さい」と置いてきてしまった。朝早くからがんばったのに、成果が出なかったのでちょっとがっかり。終わった後もドーッと疲れてしまった。
でも一回目の出店で全体の様子がわかったので、こういう場所でも受け入れていただきやすい手軽なものを考えて持って行かなければ・・・と思った。
疲れて帰ってきて、片づけを終えたら、もうクタクタ~という感じだったのだが、今日は成田山弦祭り。4時から成田山本堂の前で150人の三味線弾きたちが集まって一同に奉納演奏をする。それを見に行こうと友達と約束していたので、片付け終わると同時に車で成田山へ。
本堂前のアスファルトの上に座りながら聴いていたので、もしかして寝ちゃうんじゃないかなと思っていたけれど、ものすごい迫力に眠気も吹っ飛び?思わず聴き入ってしまった。その後、夕飯を食べて帰宅。なんとも忙しい一日だった。
Dscf7134


Dscf7142


|

« ゴーヤを生ける | Main | 新しい家族?! »

Comments

よしこさんありがとう。
朝市、お疲れ様でした。高田さんともご縁があったんですね!お話した今回のオーガニックマーケットにも高田さん、米粉パンで出店するんですよ。今回はご無理みたいですが、また今度の機会にはぜひ参加して下さいね!一緒に楽しいお祭り創りましょ!・・・だけど台風がちょっと心配です。

Posted by: 風楽 | October 28, 2010 08:32 PM

こんにちは。

朝市でお話させていただいた、ぱん屋のものです。朝市お疲れ様でした。

カボチャのキッシュとヒジキのサラダおいしくいただきました。


HP拝見して、ぱんイベントの講師に高田先生の名前があって驚きました。

ずいぶん前になりますが、教えていただいた覚えがあります。お元気でご活躍されているのですね〜。

またイベントでお会いできることを楽しみにしています。

Posted by: よしこ | October 26, 2010 02:34 PM

hanaさんありがとう。
さすがにちょっと疲れたけれど、初体験の朝市。いい勉強になりました。出張販売は店売りに比べてやはり大変です。でもお客さんと直接お話できるし、いろいろな方に出会えるので、また店とは違った楽しみもあります。
機会を見つけてまた何かの折には出向いていこうと思っています。

Posted by: 風楽 | October 18, 2010 08:55 PM

早くから、お疲れ様でした。o(_ _)oペコッ
次回は沢山売れるといいですね♪

Posted by: hana* | October 17, 2010 10:05 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベイタウン朝市出店:

« ゴーヤを生ける | Main | 新しい家族?! »