« 重ね煮の炒り豆腐 | Main | 保育園のお母さんたちの会 »

November 04, 2010

ミニ観葉とアイアンデーブル

スタッフのトモちゃんが引っ越しをした。今まで庭のある広い家に住んでいたのだが、家族が減って、一人でそんなに大きな家に住んでいても仕方ないので、その半分くらいの場所に引っ越すことになったのだ。だから荷物をどんどん処分しないととても入りきらない。手伝いに行きたかったのだがずっと行けず、ようやく今日になって時間が取れた。引っ越し自体はもう終わったのだが、前の家の外に処分するゴミがたくさん残っていると言う。
それなら今日はそれを二人で片付けようと車に積み込み、焼却場に運んだ。2往復してゴミは何とかなった。ベランダの所にミニ観葉がいくつか並んでいた。トモちゃんはとても園芸が好きなのだ。店の庭もトモちゃんがよく手入れをしてくれる。家の庭からもたくさんの花やハーブを株分けしてくれた。
でも引っ越し先には庭がないので、当分、好きな園芸はできそうにない。それでそのミニ観葉植物ももらってきた。家に帰ってから大きさに合わせて鉢カバーを取り換えて並べたらとても可愛くなった。拾ってきたアイアンのテーブルにトモちゃんが捨てると言っていた座卓の天板を乗せたら、ちょっと小さめだけどサイズがピッタリ。天板がなかったので、板を買ってきて作ろうと思っていたのでちょうどよかった。アイアンのテーブルの上に衣替えしたミニ観葉を並べたら、とても可愛らしかった。
夕方から松尾の友達の家に玄米を取りに行った。ようやく新米が届いた。10月の新月の日に稲刈りを行い、21日間、磁場のいい場所で寝かせておいたお米だ。21日間というのは水が浄化されていく時間なのだとか。彼の作る無農薬玄米はとても美味しい。お米と向き合いながら様々な農法を試し、精神的に成長しているのだなあと思う。だんだん彼の語る言葉が哲学のようになってきた。確実に宇宙のリズムをつかみ、その中でどう米を作り、どう生きていったらいいのかということを、体感覚でつかみとっているのだなと思った。今年も無事、お米作りが終わり、また一年間、彼が天塩にかけて作った美味しいお米を分けていただける。感謝しながら大切にいただこう。
Dsc07870


|

« 重ね煮の炒り豆腐 | Main | 保育園のお母さんたちの会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49936887

Listed below are links to weblogs that reference ミニ観葉とアイアンデーブル:

« 重ね煮の炒り豆腐 | Main | 保育園のお母さんたちの会 »