« ミニ観葉とアイアンデーブル | Main | ジョン海山ネプチューン&クリストファー・ハーディコンサート »

November 05, 2010

保育園のお母さんたちの会

うちのすぐ近くに円通寺というお寺がある。その隣りにはお寺が経営している大室保育園という保育園がある。今日はそこに通っている園児のお母さんたちが12名でお食事に来て下さった。お母さんたちの勉強会として風楽のご飯を食べながら、食育やお食事の話を聞かせてほしいということだった。
ご予約の12時に合わせて、12名様分の定食の支度をしてお待ちしていたのだが、その前に次々にお客様が来て下さったので、もしかして定食が足りなくなるかも・・・?と一瞬不安になるほど今日は何とも大忙しの一日となった。
小さいなお子さんたちが可愛らしいのは言うまでもない。だか最近はそのお子さんたちを育てている若いお母さんたちまで可愛らしく見えるようになってきた。そう彼らはもう私の子どもの世代なのだ(ということは小さい子たちの私はおばあちゃん世代?!)。
若いお母さんたちを前にして、お食事の話をちょっとさせていただいたが、皆さんお仕事を持ちながら、保育園の活動にも参加されていてえらいなあと思った。「子どもたちに野菜を食べてもらうにはどうしたらいいですか?」という質問を受けた。同じ質問は私たちが子どもを育てている時にもあった。今も昔も子どもたちに少しでも野菜を食べさせたいという母親の気持ちは変わりがないようだ。
ジャガイモ団子やかぼちゃプリン、かぼちゃやサツマイモの蒸しパン、人参ケーキなど野菜をおやつにアレンジして食べることや、茹でた野菜をミキサーにかけてカレーやスープの中に入れることなど、私も工夫してきたことをお伝えした。
ああ私もこんな時期があったんだなあと子育て時代を懐かしく思いだした。子どもたちはもう大きくなってしまったけれど、あの頃、子どもたちのケンカはいつもママの取り合いだったような気がする。いつも自分のことを一番大好きでいてほしくて、いつも自分のことを一番に見ていて欲しかったあの子たち。彼らにとっての母親は私一人しかいないのだから。
もっとやってあげられることがいろいろあったのになと思うのだが、あの頃の私はただただ仕事と自分のことに忙しく、子どもたちには早く大きくなって手が離れることばかり願っていた。一番可愛らしかった時期を可愛いと思うゆとりもなかった。なんて残念なことをしたのだろうと思う。もう決して帰ってくることはないかけがえのない時間だったというのに。
今という時間を大切に過ごすこと・・・「ここではないどこか」のことばかりを考え、足元を見ないで突っ走ってきた私が、この年になってようやくわかったことはそんな簡単なことだった。
今は忙しくてとても大変かもしれないけれど、今が一番いい時だから思いきりその時間を楽しんでね・・・そんなことを思いながら、若いお母さんたちを見送った。
12月号のロコルに広告を出すことにした。撮影の時に晴れるとも限らないので、あらかじめ写真を撮っておくことにした。庭でティータイムというセッティング。晩秋になってくると西日の光がとても温かくありがたい。
明日の夜のジョン・海山・ネプチューンさんのライブ、とても楽しみだ。おかげさまで大勢の方にご予約をいただいた。でもご希望があればまだ受け付けますので、お時間のある方お電話でお申込み下さいね。
Dsc07885


|

« ミニ観葉とアイアンデーブル | Main | ジョン海山ネプチューン&クリストファー・ハーディコンサート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/49946006

Listed below are links to weblogs that reference 保育園のお母さんたちの会:

« ミニ観葉とアイアンデーブル | Main | ジョン海山ネプチューン&クリストファー・ハーディコンサート »