« 大勢のお客様と三浦大根掘り | Main | ヤーコンとサツマイモのサラダ »

January 30, 2011

ミレニアムシテイの皆さんへの料理デモ

店が終わって、トモちゃんとジュンコさんが帰ったのと入れ違いに、ミレニアムシテイの方たちが7人で来て下さった。ミレニアムシテイは私もメンバーになっているNPOで毎月一回ワークショップを開いている。1月は佐原の街を散策した後、風楽に夕飯を食べ、次の日は味噌作りといういつもよりはのんびりした内容のワークショップだ。
毎年一回、必ずお食事に来て下さっているのだが、ただお食事して帰るだけではもったいないので、今回は食事の前にキッチンで私の料理デモを見ていただくことにした。ただ料理教室をやるほど時間はゆっくり取れないので、私の方で材料を用意し、皆さんの前でデモンストレーションの形で作り方を説明していった。
今回お伝えしたかったのは重ね煮の美味しさについて。いつも作っているお味噌汁だが、重ね煮の作り方を説明し、実際にお味噌汁の具を目の前で切って重ね煮を作った。それと毎度おなじみの重ね煮のキンピラ。こちらは切るのに時間がかかるので、私の方であらかじめ6種類の材料を全て切っておいて、重ね煮を実演し、最後は醤油だけの味付けで食べていたくことにした。
主菜としてはグルテンミートに目の前で衣をつけて揚げトマトソースをかけた。できあがったものを皆さんで盛り付け、サツマイモとヤーコンのサラダや、大根のモチキビ煮などは別の鉢に盛って夕食にした。多分、重ね煮を初めて意識しながら食べていただいたのだと思うが、皆さん、美味しい美味しいと喜んでいただくことができてよかった。
夜はおかげさま農場の高柳さんのお宅で、「こつなぎ」という映画の試写会があったので、そこにメンバーの中の3人をお連れしていった。「成田有機の会」という実行委員会を作り、この映画の上映会を予定しているのだが(上映会と映画の内容については後日また書きます)ミレニアムのメンバーと私のお世話になっている農家さんたちをおひき合わせできたらいいなと思っていた。
試写会が目的だったので、自由に歓談できる時間はあまりなかったが、ミレニアムシテイのご紹介をほんの少しだができてよかった。いつも思うことなのだが、つながっていく人たちとは自ずとつながっていくものだ。いろんな方たちとお話できて忙しいけど楽しい一日だった。
Dsc08881


|

« 大勢のお客様と三浦大根掘り | Main | ヤーコンとサツマイモのサラダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/50722812

Listed below are links to weblogs that reference ミレニアムシテイの皆さんへの料理デモ:

« 大勢のお客様と三浦大根掘り | Main | ヤーコンとサツマイモのサラダ »