« 縁側の特等席 | Main | ご飯でパン »

February 08, 2011

メルキュールホテルのスィーツ教室

メルキュールホテルで行われた料理教室に参加してきた。今月はバレンタインデーがあるので、バレンタイン用にチョコレートを使ったスィーツがテーマだった。料理教室と言ってもエプロンをつけて何かを作るわけではない。メルキュールホテルの総料理長である石井シェフが、参加者の目の前でデモンストレーションの形で、作っていくのを座って見ているだけのスタイルだ。
だからラクと言えばラクなのだが、実演しているところを見ながら、作り方を聞いているだけで何も作っていないので、教えていただいたことがあまり身に入っていってないような?気もちょっとしている。
スィーツはチョコレートロールケーキ、ガトーショコラ、チョコレートトリュフの3種類。デモンストレーションの後、ランチタイムとなり、最後のデザートとしてバレンタインスィーツの盛り合わせを出していただいた。どれも美味しくいただいたが、お腹がいっぱいで苦しくなってしまった。
このところしばらく温かかったのに、夜から急に冷え込んできた。雪になるという予報もある。廃車にする車のスタットレスタイヤを娘が取っておいてくれたので、先週、履き替えさせてもらった。坂と日陰の多い、こういう場所に住んでいる限り、雪が降ったらどこにも行けなくなる。車がなければ暮らしていけない場所なので、スタットレスも当然、必需品。でもいくら備えがあったとしてもやっぱり雪が降るのはイヤだなあ。
日曜日は「寿」のライブがあるので天候が気になって仕方ない。沖縄生まれのヨシミツにぃにの三線とギター、広島生まれのヴォーカルナビィのデュオ。前の店の時からもう何度もライブをしている大好きなミュージシャンだ。私はナビィちゃんの歌声を聴いているといつも元気になる。そして何かいつも大きくて明るい感動に包まれる。
ピースボートでは平和の水先案内人として活動したり、人権集会や平和集会などで歌うこともとても多い。横浜の寿町のフリーコンサートには始まって以来ずっと連続で出演。私も何度か行ったことがあるけれど、職業安定所前の広場の一角で全て立ち見。出演者はノーギャラ。炎天下の8月の空の下、それはそれは濃いライブだった。
ものすごくメッセージ性のある音楽を届けてくれる二人は、沖縄の人たちの優しさや痛みをさりげなく曲に込めて歌い続ける。寿の歌を聴くと、人と人とはみんなつながっているんだなとしみじみ思う。そして「命どぅ宝」(命はたからもの)だと心から思う。
今回は古民家移転後初の寿のライブなのでとても楽しみ。沖縄民謡の他、オリジナル曲をたっぷりと生歌で披露してくれる予定です。3連休と重なってしまったせいか、今回は申し込みにまだゆとりがあります。それで、今、あちこちにお声かけをしています。
5時開場・6時開演で参加費は2500円。1000円でオーガニックお弁当もご用意しています。寿をまだ聴いたことのない方!ぜひこの機会に聴きに来て下さい!寒い冬ですが寿の歌声を聴いて皆さん一緒に熱くなりましょう!ご希望の方はメールかお電話でご予約ください。
Dscf7287


Dscf7297


|

« 縁側の特等席 | Main | ご飯でパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/50816342

Listed below are links to weblogs that reference メルキュールホテルのスィーツ教室:

« 縁側の特等席 | Main | ご飯でパン »