« ヤワタホームオーガニックマーケット出店 | Main | ヒーリングヴィラ印西へ »

May 23, 2011

古民家でゆったりヨガ&オーガニックランチ

今日は毎月一回行っている「古民家でゆったりヨガ&オーガニックランチ」。ヨガランチの日は、朝、ランチの支度をする前に、お座敷を片付け、室内を広くしてから一人でヨガをやっている。それから厨房の仕込みに入るのだが、今日はそんなゆとりもなかった。
お弁当のご注文が入り、ニュータウンまで配達に行くことになったのだ。ストレートに行って帰ってきても1時間以上はかかるので、ヨガの始まる11時までに戻ってくるとなると10時前にはここを出なければならない。5時に目覚ましをかけ、即仕事開始。
店を開けっぱなしにしておき、ヨガのユウコちゃんには私がいなくても勝手に入ってくれるようお願いして出かけた。戻ってきたのは始まる10分前。バタバタと仕事をしていたので、ほとんど感じなかったのだがヨガパンツに着替え座敷に座ると寒いのでビックリ。慌てて縁側に出しておいたストーブを室内に入れ、何と今日はストーブ2台をつけてヨガを行った。
日常を忙しく過ごしていればいるほど、私にとってのヨガタイムはゆったりとしたものでありたいなあと思う。始まると同時に深く呼吸をし、目をつむり、つい先ほどまでの忙しさも忘れ、少しずつ自分の世界に入っていった。でも呼吸法のレッスンの時、またもや眠ってしまった。ユウコちゃんの「吸って吐いて~」というゆっくりとした言葉かけが子守唄代わりになるのか?そのままコックリコックリとほんの一瞬だけトリップ?してしまうのだ。
終わった後、すぐにランチをお出しするので最後のシャヴァーサナを途中で抜け出し厨房へ。ワンプレートのランチをご用意し、皆さんでいただいた。
今日はご自分のスタジオでヨガインストラクターをしながらガンと闘病されている方が参加して下さった。私も一度体験に行ったことがあるヨガスタジオだ。レッスン中の体育会系の雰囲気とは全く違ったので、最初、どなたかわからなかった。
でもお食事の時、ご自身で病気のことをお話して下さった。抗がん治療をやめ、今は自然療法と食事でガンと付き合うことを選択されたとのこと。ヨガの深い呼吸もきっとガンとの共存に役立つことと思う。病気になったことを一つのシグナルととらえ、生活を見直し、これからのことを考えていくと話されていたので、「そう思っていらっしゃる方はきっと大丈夫ですよ」とお伝えした。
ガンになる方がとても多い。いくら食事を気をつけていてもなる人はなるし、ならない人はならない。病気は自分の体をふり返るようにという一つのメッセージだ。私は健康には気をつけているけれど、体が動くのをいいことに無茶苦茶なことを平気でやってしまう。時々思う。もし体がその持ち主と話ができるとしたら、私の体はきっとこう言うだろうな。「大切に思ってくれてるのはわかるけどさ、時々、とっても乱暴に使う時があるよね。それが続いたら壊れちゃうよ」。
その方のガンバリ屋さん度合いに、私は自分と同じ匂いを感じてしまった。誰もがいつどうなるかわからないけれど、できることならいつも体の声に耳を傾けていたいと思う。私にとってのヨガはそのためのバロメーターでもある。
こじんまりとした集まりだが、ここで行うヨガは皆さんと一緒に心と体の健康についてシェアする場になったらいいなと思う。
ちなみに次回は6月27日(月)です。よろしかったらぜひご参加ください。


Dsc09525


Dsc09533


|

« ヤワタホームオーガニックマーケット出店 | Main | ヒーリングヴィラ印西へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/51751048

Listed below are links to weblogs that reference 古民家でゆったりヨガ&オーガニックランチ:

« ヤワタホームオーガニックマーケット出店 | Main | ヒーリングヴィラ印西へ »