« ヒーリングヴィラ印西へ | Main | 生き生きと野菜たち »

May 25, 2011

パン教室~ガーデンランチ~

自分で言うのもナンですが、とても素敵なパン教室だった。今日のパンはピタ。講師の高田さんがピタだけじゃ寂しいからと言ってピザも作ることにした。ピタはポケットパンとも言われている半円のパン。中にいろいろな具を詰めて楽しむ。その中でもテンペのマリネがとても似合うと私は思っているので、今日はテンペのマリネ、アボカドディップのサツマイモサラダ、ひよこ豆のフマスを作った。
フマスとは中近東などでよく食べられているヴェジタリアン用の料理で、茹でたヒヨコ豆をマッシュして、にんにく、セロリ、パセリ、玉ねぎなどのみじん切りを入れて、オレガノやタイム、ブラックペッパーなどのハーブで味をつける。独特の味だが現地ではピタの中味として定番だ。
具の準備ができてピタが焼き上がる頃を見計らって、お庭でテーブルの準備。お天気はよかったが、陽射しがけっこうあったので皆さんがイヤがるのではないかなと、直前までどうしようかと迷っていたのだが、高田さんが「たまにはお外で食べましょう」と言ってくれたのでセッテイングを開始。
ウッドテーブルの横に、土間のテーブルと椅子を並べ、テーブルクロスを広げた。大鉢に乗盛り付けた具を並べ、レタスや絹さやなどの野菜も添えて、庭から15種類くらいハーブを摘んできて、コーヒーのガラスサーバーでハーブテイをお出しした。
準備している時間も楽しかったけれど、一番嬉しかったのは皆さんがお庭に出て「わ~素敵!」と歓声をあげて下さった時だ。そして次々と器やお皿、パンなどをみんなで手分けして並べ、「いただきます」をした時、すご~く幸せな気持ちになった。
とにかくみ~んなニコニコ笑顔なのだ。そして「なんだかお庭で美味しいパンが食べられるなんて、リゾートに来たみたい~!」と言って喜んでいただき、ついに古民家もリゾート化したか?!・・・なんて私は一人でにんまり!?
毎回、料理教室もパン教室もお食事の時間は「美味しい美味しい」という言葉が飛び交い、とっても楽しく和やかなひとときなのだが、今日はそれ以上になんだかとてもいい雰囲気になった。
途中で私の友人が友達を連れてランチに来たので、パン教室とは一緒にならない方がいいと思い、奥座敷の方にお通しした。でも帰る時に「店に来た瞬間、みんなでご飯を食べている姿が目に飛び込んできて、すご~く幸せそうな食卓だなと思ったのよ。できることなら、一緒に混ぜてほしかったわ~」なんて言っていた。
それに何と言っても今日はさわやかで風も強くない「ガーデンランチ日和」だったのだ。一年の中でも一番気持ちのいい季節、今日はピタだからピクニックのサンドウィッチ気分でお外で食べようかなと思っていたのだが、こんな感じだったら他のメニューの時でも大丈夫そうだ。とにかくとっても気持ちのいいランチタイムだった。
皆さんが帰られてから高田さんと片づけを終え、お茶を飲みながら「今日はいい仕事ができてよかったね~」と一緒に感激?していた。高田さんとは主催者と講師という関係なのだが、つのまにか皆さんに楽しんでいただくことの共犯者になっている。そんな共犯者だったら何人いてもいい。
Dsc09542_2


Dsc09546


|

« ヒーリングヴィラ印西へ | Main | 生き生きと野菜たち »

Comments

オークさんありがとう!
はるばる遠方からお越しいただきありがとうございます!
でもビックリです~。
Webの上ではひとっ飛びですが、実際に成田の山奥まで足を伸ばすのは大変なことと思います。
遠路はるばるお越しいただいたあかつきには、庭のバジルとトマトをたっぷり入れた美味しいピザをご馳走しますよ~!

Posted by: 風楽 | May 26, 2011 at 11:47 PM

こんばんは!
素敵なパン教室ですね!
一度、参加してみたいですね!
ビザは、大好きです。

Posted by: オーク | May 26, 2011 at 07:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/51769531

Listed below are links to weblogs that reference パン教室~ガーデンランチ~:

« ヒーリングヴィラ印西へ | Main | 生き生きと野菜たち »