« 新じゃがの煮物 | Main | アプローチの草取り »

June 19, 2011

スイカのポンチ

料理教室に参加された方からスイカをいただいた。半分に切ってあったのだが、一人では絶対に食べ切れないほど大きな大きなスイカだった。それで昨日と今日、2回にわたってデザートにスイカのポンチを作った。豆乳寒天とみかんの缶詰、さいのめにカットしたスイカを、粗製糖で作ったシロップに漬け込んだ。仕上げはコアントローを数滴。さっぱりしているので、ジメジメした梅雨時のデザートにはピッタリ。
今日は料理教室に参加しているマーちゃんに助っ人をお願いした。いつも気持ちよく手伝ってくれるし、一生懸命やってくれるので、とてもありがたい。
日曜日のせいかお子さん連れの方がとても多かった。外を走り回っているお子さん、ウッドデッキでお食事をしているご家族連れ、お座敷をハイハイしている赤ちゃん・・・あちこちにちっちゃなゲストがいっぱいでなんとも可愛いらしかった。古民家へ移転してから宗吾霊堂前のお店の時よりもご家族連れが増えてきた。畳の上というのはやはり一番日本人にとって寛げる場所なのだろう。
それとお庭が広くてよかった。ぐずってもすぐ外に出られるし、お食事が終わった後も遊べるし・・・これでヤギでもいたら風景としてはカンペキかも?!休日に思い思いのスタイルでランチを楽しむご家族のひととき。そういう場面を見ていられることが何よりの幸せだ。
夕方、久しぶりに雨が降らなかったので、7時過ぎまで畑の草取り。この雨で大発生している蚊を手を追い払いながらひたすらスギナをひっこ抜く。一雨ごとにぐんぐん伸びていくスギナは取っても取ってもいたちごっこ。でもハーブ花壇にはミミズがたくさんいて驚いた。
今年からEM菌の活性液だけでなく、ぼかし肥料を使い始めたのだが、それがよかったのだろうか。少しは土がよくなってきたのかな。
昔はミミズを見たら「キャ~ッ」なんて言ってたけど(言うわけないって?)、今は「よしよしもっとおいで~」と大歓迎。相変わらず繁殖中の篠竹とスギナの根っこをミミズたちがかじってくれたら、どんなにいいだろう!??
Dsc09824


|

« 新じゃがの煮物 | Main | アプローチの草取り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/51989334

Listed below are links to weblogs that reference スイカのポンチ:

« 新じゃがの煮物 | Main | アプローチの草取り »