« あいりん堂さんのお弁当 | Main | 梅ジュースと梅ゼリー »

July 22, 2011

豆乳ヨーグルトワークショップ

豆乳ヨーグルトが食べたいといつも思う。でも日本ではあまり種類がない。ハワイに行った時、アメリカを中心にチェーン展開しているオーガニック関連の食料品店「ホールフーズマーケット」で豆乳ヨーグルトが何種類もあったのに感激して毎日のように食べていた。
いつもはカスピ海ヨーグルトの菌でヨーグルトを毎回作っているのだが、残念ながら豆乳で作ると菌がダレてしまうので、あまり長い間、続けて作ることはできない。結局、牛乳で作ったヨーグルトを食べることが多くなるのだが、発酵してはいるけれど、肉を食べない私の体にはあまり合わないなあと思う。何とか自分で豆乳ヨーグルトを継続して食べることはできないだろうかといつも思っていた。
そんな時、都内にあるルナ・オーガニック・インスティチュートで豆乳ヨーグルトのワークショップがあると知った。これはもう絶対に行きたいと思い、店が終わってから参加してきた。教室を主宰されている安田さんはご自宅の一室を利用して、マクロビ関係の料理や手当て法などの勉強会を少人数制で行っていらっしゃる。店のことは伏せておき、こっそり参加するつもりだったのに、お会いしたこともないのに店のことを安田さんは既にご存知だったようだ。他にも以前、私とお会いしたことがあるという方がいらしてビックリ。やっぱりこの世界は広いようで狭い。
教えていただいたのは米のとぎ汁や玄米、米ぬかなどを発酵させてできた乳酸液を利用して豆乳ヨーグルトを作る方法。できあがった乳酸液を豆乳に1割程度入れて半日ほどおくと、豆乳ヨーグルトができる。
この豆乳ヨーグルトを利用して、カッペリーニ風の夏野菜のそうめん、豆乳のディップ、フルーツパフェ、豆乳ラッシーなどを実習した。ほど良い酸味ととてもやわらかな口当たりで優しい味の豆乳ヨーグルト。これなら毎日食べても体に負担がなさそうだ。いつも冷蔵庫の中に豆乳ヨーグルトが常備されていたらとてもうれしい。
9時半過ぎてもお話は終わらず、もっと聞いていたかったのだが、最終の高速バスに間に合わなくなってしまうので、私だけ先に帰らせていただいたことがちょっと残念。明日が休みだったら実家に泊まってもよかったのだが、やっぱりここから都内に行くのは遠いなあ~。
さっそく私も豆乳ヨーグルトを仕込んでみよう。
Dscf7512


Dscf7514


|

« あいりん堂さんのお弁当 | Main | 梅ジュースと梅ゼリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/52281055

Listed below are links to weblogs that reference 豆乳ヨーグルトワークショップ:

« あいりん堂さんのお弁当 | Main | 梅ジュースと梅ゼリー »