« 冬瓜ポンチ | Main | 飛鳥の蘇 »

September 16, 2011

料理教室~もちきびクリームコロッケほか~

今日は夜の部の料理教室。新しい方を含め、11名の方のご参加があった。夜の部では毎月一回の再会がなんだかとっても楽しみで本当に毎回のことながら楽しく賑やかで和気あいあいのクラスになっている。
料理を作っている最中から今日は「ホ・オポノポノ」の話になったり、観音様のエネルギーの話になったり、思わず、調理の説明を中断して?その他の話題で盛り上がってしまった。
毎回思うのは来て下さる皆さんの感性の豊かさだ。表面的な事柄だけにとらわれるのではなく、大切なことをきちんと見つめられる感性をしっかりと持っている。多分それが共通しているので、料理教室がこんなに楽しく素晴らしい場になっているのだろう。
今日はもちきびのクリームコロッケを作ったのだが、お土産の分も含めていっぱい作ろうと3カップ分のもちきびを炊いて衣を付けた。クリームコロッケの時は柔らかく炊くので、丸めてパン粉を付けるのはみんなで分業したものの、かなり手間取ってしまった。揚げるのも相当な数なので、厨房とキッチンの2か所に分けて中華鍋をかけて揚げることにした。
他には切干大根とひじきとゴーヤの炒め煮、サツマイモを入れた五色きんぴら、ココナッツミルク寒天を作った。お食事の時は例によって「美味しいね~」と言いながら楽しいおしゃべりで盛り上がり、まるで大学のサークルの合宿所みたい?!。自分の年齢をかえりみず大学生のつもりでいるなんて、かなり図々しいけれど?本当にそんな感じで笑い声が絶えないのだ。
今日は教室の後にちょっとお話したい方がいたので、片付けの合間に時間を取っていただいた。話の内容は別としてもお伝えしたい思いというのは、それが本当に必要なものであれば、不思議と伝わっていくものなのだなということを感じた。
生きていくことって決してラクなことばかりじゃないけれど、でも人生のある場面で出会う大変さというものは、その時の自分にとって必要な出来事であり、それらは全て自分が成長するために用意されているものだ。そう素直に思えた時、生きることがずっとラクになっていく。これは私が自分の体験を通して確信していることだ。
本来、人の命はいつも幸せになる方向に向かって自ずと進んでいくのだから、恐れるものなど何もないはず。だって人は幸せになるために生まれてきたのだから。
料理教室をしたり、人とゆっくり話したり、お店でご飯を作ったりしながら、私がいろいろな方たちと交流させていただいているのは、全てそんなメッセージをお伝えしたいたがめに、やっていることなのではないかなと、最近、ふと思ったりする。
人生のある時期、同じ方向を目指し、共に伴走する人と出会う。そこで共有する時間がより豊かで実り多いものになるようにと私は祈る。そしてその出会いを通して私もまた様々な気づきをいただく。人生のそんな流れをしみじみありがたいなあと思う。
Dsc00620


Dsc00623


Dsc00626


|

« 冬瓜ポンチ | Main | 飛鳥の蘇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/52748935

Listed below are links to weblogs that reference 料理教室~もちきびクリームコロッケほか~:

« 冬瓜ポンチ | Main | 飛鳥の蘇 »