« パン教室~コーンブレッド~ | Main | 悲しい知らせ »

September 01, 2011

宮崎邸ランチと新米

最近、夜遅くまでデスクワークが続き、体が縮こまってきたので、今朝はゆっくり朝ヨガをして体をほぐしてから朝風呂に入った。その後、印西にある古民家茶房宮崎邸にランチに行ってきた。230年前の古民家が修復され立派な建物として甦っている。建物もお庭もとても美しかった。
料理教室とパン教室にいつも参加して下さる農家のワタナベさんからできたてほやほやの新米をいただいた。ふさこがねという早生の新米だ。今年のお米は放射性物質の検査してからでないと出荷できなかった。日曜日にようやく千葉県内のお米の検査結果が公表され、安全性が確認されたので出荷制限か解除された。
お米農家さんは結果が出るまで気が気ではなかったと思う。生産現場にいない私でさえも本当にヒヤヒヤだった。万が一千葉県のお米から基準値以上の放射性物質が検出されて、出荷が停止となったら一体どうしたらいいのだろうと、ずっと考えていた。違う地域からお米を購入することは可能かもしれないけれど、果たしてそんなことをしてまで私がここで仕事を続けていく意味があるのだろうか。
地産地消という店をやっていく上で最も大切な条件さえクリアできない状況の中で、お店を営業するためにわざわざ遠方からエネルギーコストをかけて取り寄せたものを調理する必要があるのかどうか・・・私にはわからなかった。だから本当にホッとした。でもまだ他の地域での検査が全て終わったわけではないので、ホッとしたという言葉を素直に使ってしまうことにも多少の抵抗があるのだが。
そんな中で持って来て下さった新米だ。さっそく今日の夕方、炊いていただいた。ピカピカの新米。ああなんて美味しいんだろう。特に今年は新米をいただけることがいつも以上にありがたいと感じる。やっぱり銀シャリはうまい!いつもは玄米なのだが、一番最初に食べる新米は白米がいい。
四季折々の恵みのあるこの国では毎年、秋が来たら稲刈りをして美味しい新米が食べられる。そして農家さんの工夫された貯蔵方法でそれ以降も欠かすことなくずっとお米を食べ続けることができる。
ほとんどの日本人はお米を主食にし、あまりにも身近にお米があるせいか、お米が食べられるのは当たり前だと思いがちだ。でも実はそれは豊かな自然環境があって初めてできること。作って下さる農家さんがいて初めてできることなのだ。そのことを絶対に忘れてはならないと思う。
ついたちだったので、神棚の榊を取り変え、新米を並べ手を合わせた。台風の進路もまた農家さんにとっては気がかりなこと。特に稲刈りを間近に控えているのでなおさらだろう。結局人間には自然をコントロールすることなんてできっこないのだ。
Dsc00430


Dsc00447


|

« パン教室~コーンブレッド~ | Main | 悲しい知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/52623080

Listed below are links to weblogs that reference 宮崎邸ランチと新米:

» あなたのお部屋がヨガ教室に! [今すぐ自宅でヨガを始められるヨガDVD8点セット]
ヨガをやりたいけど、何から始めたら良いかわからない!?そんなあなたに、ヨガインストラクターも絶賛の自宅でヨガをするのに必要なものが全て揃った「簡単ヨガDVD8点セット」をお送りします。 [Read More]

Tracked on September 02, 2011 at 07:12 AM

« パン教室~コーンブレッド~ | Main | 悲しい知らせ »