« 連休が終わって | Main | 下見と打ち合わせ »

September 26, 2011

器の打ち合わせ

今日はランチ&ヨガの教室があった。夕方から新しいカフェで使う器の打ち合わせのため陶芸家のカキピーの家に行った。私が到着したら、奥さんのフクちゃんが作ってくれた鮭の鍋や煮物が食卓に並んでいて、私の持っていったカレーも加え、まずはカキピーファミリーと一緒に夕飯をいただいた。
愛娘ワラちゃんがお話をするのがとても上手になってきたので、ご飯を食べながら私はずっと二人でおしゃべり。やんちゃなワラちゃんは虫を捕まえるのが大好き。トラとミーのお土産に?カナブンを捕まえてあげるとはりきっていた。子供相手の会話は楽しいのでいつまでも話してしまいそうになったが、食事の後は打ち合わせをしなければと、地下にあるカキピーの工房に移動。
今回もまた開業資金にはあまりゆとりがないので器は全て既製品で揃えようかと思っていた。でもずっと作家さんの焼き物を使っているので、普通に売っている型焼きの器でお出しするのはどうも味気ないような気になってしまうのだ。カキピーに相談したら「できる限り協力しましょう」と言ってくれたので、とりあえず打ち合わせをしようということになった。
器は全て白にするつもりだった。私が一番使いやすいと思っているカキピーが作った白いお皿を持って行き、こんな感じで作ってと話していたのだが、他の器の焼き上がり見本を見ているうちに気持ちが変わってきた。真っ白ではないが釉薬の仕上げ方によって同じ色でも様々な表情の楽しめるベージュ系の器が気に入ったのだ。
ナチュラルティストの仕上がりに統一されたメイン皿やケーキ皿、フリーカップなどが並ぶ食器棚。そこから器を取りだして料理やケーキを盛り付けたらきっと素敵だろう。
言いたいことが言えて、こんなわがままなお願いができるのも15年近く姉弟のように親しく付き合ってきたからこそ。だからワラちゃんは私にとっては姪っ子のようなもので、可愛くて仕方ない。
焼き物は仕上がるまで時間がかかるので、早くても出来上がりは11月上旬。店には作家さんの焼き物がとても多いが、その中でもカキピーの作品が最も多い。カキピーは私の好みもよくわかっているし、私も何よりカキピーのデザインセンスが好きなので、仕上がりがとても楽しみだ。そして器を見たら、そこに何を盛りつけようかとあれこれ料理のメニューが広がっていきそう。
Dsc00693


|

« 連休が終わって | Main | 下見と打ち合わせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/52840753

Listed below are links to weblogs that reference 器の打ち合わせ:

« 連休が終わって | Main | 下見と打ち合わせ »