« 秋明菊 | Main | 太陽の市フライヤ-完成と脱原発集会 »

September 19, 2011

花オクラの錦糸卵?

花と緑と農芸の里のセリさんがたくさんの冬瓜と花オクラを持って来てくれた。本当にたくさんの量の冬瓜だったので、思わず歓声をあげてしまった。今すぐ冬瓜屋さんになれるくらい!あまりにも多いので、縁側にそのまま転がしておき、その中でも特に大きなものは土間に並べておいた。でもこれが妙に似合っていたのだ。ドテッとして色気のない?冬瓜がインテリアになっちゃうなんて古民家くらいのものだろう。
この連休中は毎朝、冬瓜の皮をざっくりとむいて種を取り、自家製の梅ジュースで煮て冬瓜ポンチを作った。合わせる缶詰を黄桃やパイナップルにして変化を楽しんでいる。
もう一つ花オクラも大活躍。これは食べられるオクラの花とは別のモノ。ただ花だけが食べられるトロロアオイのことをさす。オクラの花よりも一回り以上大きいな大輪の花を咲かせる。花の咲く前のつぼみを摘んでおくと、千切りもしやすく、そのまま天ぷらにもできる。
今日はテンペの竜田揚げの上から生姜あんをかけ一番上に千切りにした花オクラを飾ったらとてもキレイだった。まるで錦糸卵のようだ。花びら一枚一枚もシルクのように薄くて軽くてふわっとしている。こんなに美しい花を次々に咲かせてくれるなんて、来年は観賞用にもなるのでぜひ庭に植えて楽しもう。
今日も満席となり大忙し。1時頃には定食が完売してしまった。大花さんにも手伝ってもらったのだが、もうキッチンは洗い物の山!おまけにようやく洗い終えた器をワゴンに乗せて食器棚にしまおうとした時、ワゴンがひっくり返りコンクリートの床に食器が落ちて大破してしまった。
それにしてもあれだけの量の器が一度に割れる時の音って凄まじい。しばらく茫然としてしまった。そして悲しくなってしまった。でもあの音を聞くことで、なんだか「浮足立つな!」と喝を入れられたような気がする。お座敷にいらしたお客様、お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。
*日曜祝日は定食が早めになくなってしまう場合もありますので、ゆっくりめにいらっしゃる方はよろしければご予約下さい。
Dsc00637_2


|

« 秋明菊 | Main | 太陽の市フライヤ-完成と脱原発集会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/52776605

Listed below are links to weblogs that reference 花オクラの錦糸卵?:

« 秋明菊 | Main | 太陽の市フライヤ-完成と脱原発集会 »