« 祭りの後で | Main | パン教室とスタッフのパン研修 »

October 25, 2011

かあさんの家 毎日ごはん

今日はお休みだったし、「太陽の市」のイベントも終わったので、どこかにランチに行こうと思っていた。いくつか行きたい店があったのだが、夕方、松尾まで玄米を取りに行く予定があったので帰りがあまり遅くはなれない。それで以前、「ぐるっと千葉」で紹介されていた船橋にある「かあさんの家」という店に行くことにした。
場所は新京成線の高根公団駅から歩いてすぐなので家から成田に出て電車に乗れば一時間で着きそうだ。
駅の近くの普通の一軒家を改装した小さなお店だったが、作っているものは発酵食中心でとても体に良いものばかりだった。長岡式ではなく独自に開発した発芽発酵玄米ご飯が印象に残った。もちろん調味料は天然醸造のものを使用。メニューには魚も使っているが、今日のメインである鮭のチャンチャン焼きは一度、塩麹に漬け込んでから焼いたもの。塩麹や甘酒、酵素などの発酵食品をメニューにたっぷり取り入れている。
オーナーの方は日本綜合医療学会の食養リーダーの認定を受けていらっしゃる。カウンターに大麦の塩麹と普通の塩麹のビンが置いてあって嬉しくなってしまった。カウンターごしにお食事をいただきながらお話させていただいた。
ご自身が大病されたことから、酵素や乳酸菌,ミネラルを積極的に取り入れた食事をなさっているそうだ。甘酒で塩麹を作ったり、カボチャで甘酒を作ったり、とにかくいろいろなものに麹を利用しているところが面白い。
私も甘酒や塩麹を仕込んでいるのだが本当にそれで発酵の状態がいいのかどうか、見極めが難しいなと思っているとお話したら、出来上がりについては自然のモノなので、とにかく置いておけば発酵をするので、あまり神経質にならず、ゆったりとした気持ちで見守ることが大事ですねと答えて下さった。
料理教室も行われているようなので、今度、時間を見つけていろいろ教えていただこうと思った。オーナーの方も自分で勉強されて自己流でやっていると言われていたが、私も自己流なので、お話しながら実習できたら、自分のやり方との違いなどがわかって面白そうだ。
確実に言えることはこれからの健康を考える時のキーワードは「発酵」だということ。そのためにもっともっと積極的に食生活に取り入れたいものが麹だと私は思っている。
まだまだ勉強不足でわからないことだらけだが、微生物の力を借りて、食品が保存できるようになったり、味が美味しく変化したりする発酵のメカニズムを熟知して、もっともっと美味しいご飯を作れるようになりたい。
Dscf7645


Dscf7647


|

« 祭りの後で | Main | パン教室とスタッフのパン研修 »

Comments

ふなばしさんありがとう。
今頃、奄美で泳いでいる頃かしら?
奄美の海はキレイでしょうね。私も潜りたいなあ~!
太陽の市の時はお店の帰りにわざわざお寄りいただいてたくさんパウンドをお買い上げいただきどうもありがとうございました。
お出かけになるのに食べ切れなかったのではありませんか?
体験ダイビングをしたらまた海の新しい魅力発見?!・・・かもしれませんね!

Posted by: 風楽 | October 28, 2011 at 11:58 PM

太陽の市 楽しかったです(^O^)
パウンドケーキ美味しかった~~~(=^・^=)

かあさんの家 先日行きました。 麹見ました!

奄美大島で海のコンディションが良かったら体験ダイビングやってきます。潜れるかしら!!!

Posted by: ふなばし | October 26, 2011 at 09:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53083776

Listed below are links to weblogs that reference かあさんの家 毎日ごはん:

« 祭りの後で | Main | パン教室とスタッフのパン研修 »