« パン教室とスタッフのパン研修 | Main | 秋の酵素作り »

October 27, 2011

垣根の整備

うちの入口の左右に垣根がある。けっこう高い斜面になっているので、いつも下の方だけ刈払機で草刈りをしていた。上の方はのぼるのが大変なので、たまに高枝ハサミで伸びた枝を切るだけだった。でも篠竹や名前がわからない蔓性の木が縦横無尽に伸びて見苦しくなっていた。冬になる前にこれは一度、本腰を入れてキレイに整備しないといけないなとずっと思っていたので、今日は思い切って垣根の整備をすることにした。
まず刈払機で下草を刈り、斜面の部分は歯を斜めに傾けて上から下に斜面に沿わせながら刈っていった。その後は鎌と高枝ハサミを持って斜面を這ってのぼり、伸び放題になっている篠竹や蔓をカットしていった。足元が斜面で不安定なので、やりにくい作業だったが、余計な物をバッサバサとカットしていったので、とてもスッキリした。それと引き換えに暑くてTシャツになった私の肘から下はかすり傷だらけ!
最後は下に降りて、刈り残した草を鎌で刈りながら、下に落とした枝や草や篠竹をネコ(一輪の手押し車)に乗せて庭の隅まで運んで片付けた。かなりの量だったので、何十往復もしてようやく終了。
午前中で終わるかと軽く考えていたけれど、予想以上の仕事量で全部終わったのは1時半頃。斜面にのぼってヘンな体勢でバランスを取りながら伐採していったので、終わった後、全身が痛くなってしまった。こりゃ大変な仕事だわ。
でも外側はこれだけやっておけば春まではほおっておけそうだ。そして今度のお休みの時、もう一回だけ庭の草を刈って、伸び放題の葛の蔓と篠竹を短く切ってしまえば今年の草刈りは全て終了!土に堆肥を入れて、南の庭の一面に菜の花の種を撒いておこうと思う。来年の春は菜の花に囲まれた古民家が見られそうで楽しみだ。
垣根の外側をキレイにしたら、篠竹に隠れていた山茶花の花がよく見えるようになった。気がつけば白、赤、ピンク、白とピンクの斑入り・・・4種類の山茶花がひっそりと咲いていた。
Dsc00987


Dsc00991


Dsc00992


|

« パン教室とスタッフのパン研修 | Main | 秋の酵素作り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53097974

Listed below are links to weblogs that reference 垣根の整備:

« パン教室とスタッフのパン研修 | Main | 秋の酵素作り »