« 冬支度 | Main | 今年最後の草刈り »

November 27, 2011

「田舎暮らしの方法」刊行されました!

10月に取材に来ていただいた「田舎暮らしの方法」の本が20日に発行された。それに伴い一冊献本が送られてきた。私の所の取材は終盤戦と聞いていたけれど、取材から刊行されるまでの時間がとても早くて「もう出版されたの?!」と驚いている。
明治書院がシリーズ化している「学びやぶっく」の第61冊目。この「学びやぶっく」というのは、書店を知識を漁るための大人の学校――強制のない学び舎ととらえ、その学び舎(書店)で手に取る教科書のように便利に活用してほしいというシリーズだ。だから文化、芸術、旅、音楽、健康、歴史、環境・・・など取り扱っている科目(分野)も幅広い。
もっと自分の時間を大切にしたい、自然に囲まれた生活がしたいと思っていても中々踏み出せない田舎暮らしに興味のある人たちのために・・・教科書のように読んでほしい実践ガイドブックとなっている。
まず新潟県南魚沼に実際に移住して出版の仕事をしながら米作りに取り組んでいる中高年向けライフスタイル雑誌「自遊人」の編集長・岩佐十良氏の田舎暮らしを紹介。この本の著者(監修)でもある。
その後は農業をしたり、趣味を楽しんだり、店を起業したりと、それぞれの田舎暮らしのタイプ別に実践者が登場。その中で田舎暮らしの一日を追うという形で、私のある一日が8ページ(ちょっと多すぎ?)にわたって写真と共に紹介されている。
大人の教科書を手に取った方が田舎暮らしにより関心を持ち、新たな一歩を踏み出すきっかけになったらいいなと思う。何をやるにしても、やらないで後悔するよりまずはやってみることだ。それで失敗したとしてもそこから学ぶものさえあれば、それは失敗ではなく自分の経験という財産になると私は思っている。
自分のやってきたことがこうしたメディアに掲載されるのは嬉しいには違いないのだが、でも来年こそは自分の言葉で書いた本をちゃんと出版したいなと改めて思った。
もう一つ、今日、ヤワタホームが毎月発行している情報紙「こだま通信」も届いた。来月オープンとなる新しいお店について紹介していただいた。
その中の一文。
「ヤワタホーム・ガーデンビオン成田は住宅展示場の枠を超え、衣食住さらには医の分野とコラボレーションし、オーガニックなライフスタイルの情報発信の基地として、昨年オープン以来、オーガニックマーケットなど様々なイベントなどを開催してきました。そしてこの冬、あいりん堂さんと風楽さんという成田のオーガニックライフをけん引してきた2つのお店とのコラボレーションが実現しました。今後、この2つのお店と協力し定期的に、朝市、オーガニックマーケット、勉強会、料理教室などを開催して行き、食と住まいの一歩進んだ新しいナチュラルライフを提案して行きます。皆様ぜひお気軽にお越しください」。
自分には身に余るお話だと今でも思っている。でも1つの店ではできなかったことが、2つ集まることでできるようになるかもしれない。さらにはヤワタホームという大きな船と共に航海していくことができたなら、私のような小さな店でもほんの少し灯台の灯りのようなお役目を果たすことができるかもしれない。そしてそれが少しずつ大きな灯りになっていったら、いつの間にか成田がオーガニックで潤う街へと変わっていくかもしれない・・・。
そう思って少しずつ準備をさせていただいている。
届いた二つの刊行物。読んで下さる方の目に触れて、それが何かのきっかけ作りにつながっていったら、小さな灯りがそこにまた一つ灯ったことになる。これからどれだけ灯りを灯していけるのか、とても楽しみだ。
Dsc01446


|

« 冬支度 | Main | 今年最後の草刈り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53352278

Listed below are links to weblogs that reference 「田舎暮らしの方法」刊行されました!:

« 冬支度 | Main | 今年最後の草刈り »