« 奈良の紅葉 | Main | 新しい器と布 展示しています »

November 10, 2011

太巻き寿司講習会とスタッフミーティング

成田市の農政課が募集した太巻き寿司講習会に参加してきた。郷土料理に関心を持つと同時にお米をもっと食べようと成田市米消費拡大総合対策事業の一つにもなっている。
今回実習したのは房総祭り寿司と呼ばれるいろいろな絵柄のある太巻き寿司。千葉の郷土料理の一つだ。すっと興味があったので今まで何度か申し込みをしたが、人気があっていつも抽選で中々参加できなかった。今回はラッキーにも当選したのだが、ランチのご予約と重なってしまった。
せっかく当選したので何とか参加したいなと、朝7時頃から厨房に入って定食の支度をし、9時ちょっと前に家を出て公民館へ。トモちゃんに盛り付けと定食をお出しする所をお願いすることにした。ちょっと遅刻してしまったのだが、調理室は参加者でいっぱいだった。
最初は一人一人自分用に大きな卵焼きを焼いた。海苔の代わりにお寿司を巻くためだ。全員が焼き終わったら、先生が説明しながら「椿の花」の巻き寿司を実演して下さった。何度か実演を見たことはあるけれど、こんなにゆっくり間近で作り方の説明を聞いたのは初めてなので身を乗り出して聞いてしまった。
その後、一人一本同じお寿司を実習。身を乗り出して聞いていたわりには頭に入っておらず?「ここ何を置くんだっけ?」と班の人たちと確認しながらおそるおそる具を並べて行った。そして巻きすで巻いて完成。いざ包丁で切ってみたら、本当に可愛らしい椿の花が咲いていたので感動してしまった。
その次はかたつむりを実習。これも先生のお手本を見てから一人一本作った。その後、皆さんで試食して片づけをして解散となるのだが、昼からスタッフミーティングで帰らなければならなかったので、私は中座し、エプロンもしたままで車に飛び乗り家へ戻った。
12時頃からみんなが集まっているので、私が帰ってくるまでの間にタルトの生地を焼き、野菜を刻んでおくようメモしておいた。
今日は定食のメインのお惣菜となるグルテンミートのメンチカツと車麩のカツ、オートミールのコロッケトマトソースを実習。揚げ物を作った後は柿のタルトを作ってオーブンに入れみんなでランチタイム。
私の作った祭り寿司と揚げたてのフライをテーブルに並べたら、ちょっとした誕生パーテイのような賑やかな食卓となった。
新しい店では金土のみ夜を営業する予定だ。夜の部を担当してくれるスッシーも今日はミーティングに初参加。口の悪いオバサンたちに囲まれて黒一点の若者が何の違和感もなく?ニコニコと一緒にランチをしているのが可笑しかった。
食べながら今日は新しい店のメニューと価格設定を皆で考えた。ランチは1000円のワンプレートに。そしてちょっと小腹がすいた時用にキッシュやサクレ、ピタ、サラダ、スープなどを単品でお出しできるようにした。何もないと話がまとまりにくいので、一応、私の方で叩き台となるメニューと価格設定を出しておいたが、やはりみんなで話しながら考えると、イメージも具体的になっていくので面白かった。
でも現実問題としてこれらを全部仕込んでいくとなると、かなり仕込みの量が多くなって大変そうだが、古民家の風楽とも連携し合いながらうまくやれる方法を考えていきたい。
来週、私がいない時にもスタッフ同志で自主的にミーティングをしようなんて話まで出てきて、みんな本当に真剣に考えてくれているのだなと嬉しくなった。次回は仕入れ先や食材の買い出しや現金の受け渡し、シフトの決め方など具体的な方法を話し合う予定。
最後にみんなで作った柿のタルトと紅茶でティータイムをして夕方解散。
いろいろなことが重なって、何とも慌ただしい一日となり、旅の余韻に浸る暇もなく、あっという間に終わってしまった。でもまた一歩、みんなと共に開店に向けてコマを進められたことを実感できたいい一日となった。
Dscf7669


Dscf7670


Dscf7674


Dscf7675

|

« 奈良の紅葉 | Main | 新しい器と布 展示しています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53213784

Listed below are links to weblogs that reference 太巻き寿司講習会とスタッフミーティング:

« 奈良の紅葉 | Main | 新しい器と布 展示しています »