« 全景写真 | Main | 昨日、オープンしたあいりん堂さん »

December 16, 2011

料理教室と古民家の厨房

今日は5日ぶりに古民家の厨房。金土日以外でもご予約や教室など何かしら予定が入っていることが多いので、月曜日から木曜日まで丸々古民家の厨房に立たないという週はほとんどないのだが、今週はそうだった。しかもガーデンビオン風楽のオープンがあったので、ほとんど留守にしていた。
だからほんの5日間、空いただけなのに、気持ちの上でも本当に久しぶりに古民家の厨房に立った。そして厨房に入った瞬間、場所が何かをささやいているような気がした。
ここは厨房の建物だけでなく、調理台やガス台など全て寄せ集めて作ってきたものだ。でも2年半という月日の中で、一つ一つに自分の息吹が吹きこまれていった。場所や道具たちはそこに思いを寄せてさえいれば、共に過ごす時間の中で、いつのまにか使い手に寄りそってくれるようになる。少なくともこの古民家と寄りそうように私は生き、幸せな時間を築いてきた。そんな気配があちこちに沁みこんでいるんだなと改めて感じた。
今日は店の営業の後、料理教室だった。ずっと忙しかったので昨日の朝、ようやくレシピが完成し準備をする時間もあまりなかった。何かをする時、最も避けたいのは「心ここにあらず」の状態で物事が進行してしまうことだ。そこに「気」が注がれていたかどうかというのは、結果を見ればすぐにわかる。
仕事としてやらせていただく以上は責任が伴うし、喜んでいただくことが大前提になるので、仕事の時は自分のエネルギーを全てそこに集中させている。「気」が入っていないと場が満ちてこないし料理も美味しく仕上がらないからだ。それもただひたすらがんばっていればいいというのではなく、肩の力を適度に抜いて楽しみながら、心は絶えずそこに寄せておく・・・これが中々難しいのだが。
この時期、ともすれば心はガーデンビオンの方に置いたままになってしまいそうだったので、古民家で過ごす時はどこよりもここを一番大切な場所にしなければ・・・厨房に入った瞬間、そんなことをこの場所がそっと教えてくれたような気がした。
今日の料理教室はマクロ仕様のおからのキッシュ、根菜のもちきびシチュー、春菊と酒粕のサラダ、芋ようかん。
そのままクリスマスパーティができそうなメニューだ。いらした方たちも「今、ビオン店に寄ってきたけど混んでいたよ」とか、「あいりん堂さんで買い物をしてきたよ」とか、新しい店のことで話題はもちきり。そんな中で料理教室も美味しく楽しく行えた。キッシュもシチューも「ああ美味しい~。しばらくコレばっかり作っちゃいそう!」と喜んでいただけて一安心。ミホちゃんも今日はお休みなのにわざわざ料理教室のアシスタントに来てくれて助かった。
明日、私は朝からビオン風楽の方へ。夜の営業もあるので一日中仕事だ。気持ちを切り替えながら、その時々に置かれた場所を大切に・・・。どうやら新しい仕事を通して、また新しいレッスンが始まったようだ。
Dsc01527


Dsc01528


Dsc01529


Dsc01532


|

« 全景写真 | Main | 昨日、オープンしたあいりん堂さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53499139

Listed below are links to weblogs that reference 料理教室と古民家の厨房:

« 全景写真 | Main | 昨日、オープンしたあいりん堂さん »