« 古民家 仕事納め | Main | スタッフと反省会 »

December 26, 2011

まーちゃんとの再会

今日ガーデンビオン風楽に初めてまーちゃんが来てくれた。11月末のスタッフミーティングまで元気に参加していたのだが、急に体調を崩して入院することになった。思いのほか、入院が長引き、結局、オープニングのスタッフとして関わることができなくなってしまった。
入院中、私は新しいお店の準備で身動きが取れず、ずっと気になりながらもお見舞いに行くことができなかった。ようやくオープンできたその日の夕方、店を閉めてから病院に行ったのだが、退院した後だった。療養中のご自宅の方にお花を届けようと、その足で立ち寄り、久しぶりに会えた時にはもう嬉しくて抱き合って泣いてしまった。
まだ体がしんどそうだったので、しばらく仕事ができないって弱気になっているんじゃないかなとちょっぴり心配していたけれど、「エイコさん、すぐに元気になってカフェの仕事、絶対やるから待っててね」なんて泣きながら言うので、またまた私ももらい泣き。
ガーデンビオンでカフェをやると決めた最初の時から、まーちゃんはスタッフをやりたいと言っていた。そしてスタッフミーティングなど毎回とても積極的に参加し、カフェのオープンを心待ちにしてくれていた。だからその直前に入院することになり、あんなに楽しみにしていたカフェのオープン準備ができなくて、どんなに無念だったことだろう。
まだ自宅療養中だが、ようやく自分で運転ができるようになったとのことで、今日、一人でビオン風楽に来てくれた。一緒に選んだ椅子や冷蔵庫がしっかりとカフェの中に入って使われているのを見て、また泣きそうになっちゃうくらい?感激したと言う。本人の意志を無視して、残してもいいからとにかく食べて行きなさいと、玄米プレートを作ってテーブルに並べた。
カキピーの器もまーちゃんは事前に見ていたので、その器の上にいつもの風楽のご飯がちょこんと乗っているのを見ながら、そしてお箸やグラスやランチョンマット一つ一つを手に取りながら、「可愛い~」を連発し、喜んで食べてくれた。
私とトモちゃんはまーちゃんが買ってきてくれたワッフルを頬張りながら、同じテーブルに座って積もるおしゃべりに興じていた。まだ完治していないのに、「もう大丈夫だから、すぐにでも働きたいよ~」と意欲満々。
だいたいのことはできるようになったのだが、笑ったり咳をしたりするとまだお腹が痛くなるそうだ。だったらおしゃべりしながら笑ってばかりいる風楽の厨房は無理だね・・・なんて言いながらまた大笑い。
それにしても病み上がりの体にいきなり厨房仕事はキツイから、年が明けたらお昼時の短い時間から始めようねと相談した。
同じ場所で働き、同じご飯を食べながら仕事をしていると、いつのまにかスタッフとは家族のように気心知れた関係になっていく。だからまーちゃんも私にしてみれば年の近い娘?のようなものだ。娘が病気になったら親は当然心配で悲しいし、娘が元気になっていくことを願わない親はいない。
私へのクリスマスプレゼントを持ってきてくれけれど、それよりも元気になった姿を見せに来てくれたことが何よりのプレゼントだ。
まーちゃん、今日はよく来てくれてありがとう。早く元気になって一緒に仕事しようね!
Dsc01639


|

« 古民家 仕事納め | Main | スタッフと反省会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53578127

Listed below are links to weblogs that reference まーちゃんとの再会:

« 古民家 仕事納め | Main | スタッフと反省会 »