« 酒粕入り天ぷら | Main | 打ち合わせのお食事会 »

January 29, 2012

モチキビ甘酒とタカキビ甘酒

先週の日曜日もそうだったが、今日もユウコさんと二人だけなのに開店するやいなやお客様が次々に来て下さって大忙し!1月は毎週金曜日がガラガラで日曜日が大忙しという両極端な混み具合となった。今は2件の店を回すのにスタッフの数がギリギリなので、古民家の方もずっと二人体制だ。
こちらはビオン風楽と違って器の数が多く厨房と座敷が離れているので、満席になると3人でやっても回せないほどだ。今日もいっときほぼ満席状態に。「うわ~どうしよう!?」とちょっと焦ってしまったけれど、ビオン風楽の方が便利な場所にあるのに、こんなに遠くて寒い古民家までお食事にいらして下さるお客様がこんなにいるなんて、本当にありがたいこと。まずは美味しい定食をお作りすること、そしてその合間に目の前にある仕事を手早く片付けることを最優先。今、何からやるべきなのかを瞬時に判断するのは、けっこういい頭の体操?になるかも。
夕方、こちらで作ったカレーやストック品、食材やお米など必要なものをどっさりと車に積み込んでビオン風楽へ。とにかく道路がどこを通っても大渋滞で1時間以上もかかってしまった。トモちゃんと簡単な打ち合わせをして、買い物をしてから家に帰ったらもう8時。
昨日から仕掛けておいたモチキビとタカキビの甘酒がそろそろ発酵26時間を過ぎでき上がったようだ。一度鍋に移し入れ火入れをして発酵止めをした。一口食べてモチキビ甘酒の優しい甘さにほっとして、タカキビ甘酒の甘さに驚いた。何と自然で味わい深い甘さなんだろう。
甘酒にはブドウ糖が20%以上含まれており、ビタミンも豊富。穀物の表面のたんぱく質に麹菌が繁殖するとたんぱく質分解酵素を出して分解しアミノ酸に変えていく。だから甘酒には天然の必須アミノ酸がたっぷり。また乳酸菌は腸内の善玉菌の働きをよくしてくれるなどいいこと尽くめ。まさに東洋のヨーグルトだ。
甘酒の美味しさに魅せられて、もう何度も玄米甘酒を作ってきたけれど、このタカキビ甘酒の甘さにはとてもかなわない。むせるほど?の甘さなのだ。これには本当に驚いた。
雑穀甘酒を何とか安定した状態で完成できるようにして、お店でもお出しできたらいいなと思っている。そしてこのタカキビ甘酒を使って美味しいスィーツもいっぱい作りたい。手作り酵素と甘酒と酒粕を毎日食べていれば健康になること間違いなしかも!?
Dsc02121


|

« 酒粕入り天ぷら | Main | 打ち合わせのお食事会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53857376

Listed below are links to weblogs that reference モチキビ甘酒とタカキビ甘酒:

« 酒粕入り天ぷら | Main | 打ち合わせのお食事会 »