« 初雪 | Main | 掲載雑誌2冊 »

January 25, 2012

塩麹と甘酒の湯だねパン

今日の古民家でのパン教室は高田さんが新しいパンのこね方を紹介してくれた。「湯だね」と言って強力粉に熱湯を加えてよくこねたものを使う方法だ。熱湯で小麦粉を溶いて湯だねを作り、生地の中に入れて一緒にこねることによって、でんぷんの甘さが引き出されるという。またほんのりと甘く、もっちりと柔らかい食感。しかも長くこねる必要がないので、湯だねさえ作ってしまえばかえって簡単に焼けてしまう。
今日はその湯だね方式で塩麹と甘酒を生地の中に加えたパンを作った。ゴマをまぶしたり、クロワッサンのような形に仕上げたり、出来上がりの形はいろいろだが、どれも塩の代わりに塩麹を、砂糖の代わりに甘酒を使っている。
焼き上がりはそれぞれ本当にふっくらとした柔らかいパンだった。残念ながら焼いてしまうとほとんど麹の匂いが残らないので、麹好きにはもう少し甘酒を増やした方がいいかもしれない。
私はパン教室用のお食事をご用意しながら、ビオン店に持っていくスープや人参ケーキ、オレンジケーキなどを焼いていた。
夕方、車のタイヤをスタットレスに履き替えるため、お休みだったトモちゃんが来てくれた。ジャッキアップしてタイヤを交換するのを待っていたら、おかげさま農場に行けなくなってしまうので、やってもらっている時間を利用して、私はトモちゃんの車で野菜を買いに行った。トモちゃんは車やバイクにとても詳しいので、車のメカにも弱い私にとっては大助かり。
帰ってきた頃には4本のタイヤが全部交換し終わっていた。すっかり暗くなってしまったけれど、レモネードを入れ、スープを温め、パン教室で作ったパンや店のケーキなどを並べて、ゆっくりとお茶を飲んだ。一緒に仕事をしていても中々こういう時間は取れないので、ホッとするひとときだった。
ちなみに2月のパン教室は29日(水)。寺田本家の酒粕を使って酒粕パン(ブール)を焼きますので、よかったらぜひどうぞ!
Dsc02097


Dsc02098


|

« 初雪 | Main | 掲載雑誌2冊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/53824391

Listed below are links to weblogs that reference 塩麹と甘酒の湯だねパン:

« 初雪 | Main | 掲載雑誌2冊 »