« ガーデンビオンで初めての料理教室 | Main | 脱原発社会を創る30人の提言 »

March 23, 2012

ヤーコン人気復活?

私の大好きなヤーコンが再び、人気者?になった。風楽では私が大のヤーコン好きなので、よくサラダを作る。それがとっても美味しいので、今までヤーコンを食べたことがなかったというスタッフたちもいつのまにかヤーコンファンになってしまった。一方、定食にお出ししたヤーコンのサラダを食べて「これ何ですか?」とお聞きになるお客様も多い。これだけ作ってもまだまだヤーコンは知られていない野菜のようだ。
今日は久しぶりにヤーコンとカブの柚子風味サラダを作った。ジュンコさんが定食のお膳を運んで、厨房に戻ってくるたびに「また聞かれちゃった。これ何ですかって」と言う。説明してもヤーコンを全く知らない方には伝わりようがないので、しまいにはヤーコンの現物をお席までお持ちして説明していた。
一見古いさつま芋?のように見えるヤーコンはキク科の根菜で原産国はぺルー。皮をむいて切ったらすぐに柑橘系の果汁(なければ酢でもいい)に漬け込むと旨みが逃げ出さない。そうやって漬け込んだヤーコンと、カブや大根を薄くスライスしたものを合わせて酢のものにしてもいいし、蒸したさつま芋や人参と合わせてサラダにしてもいい。
シャキシャキとしたこの食感をたとえて言うなれば「甘みの少ない梨」。でも他の野菜と合わせることによって何とも言えず甘くてフルーティな美味しいサラダが出来上がるのだ。
ヤーコンにはカリウムが多く含まれているのでナトリウムを排出し血圧を下げる効果がある。また皮と実の間の紫色になっている所はポリフェノールもたっぷりで抗酸化力がある。さらにフラクオリゴ糖の宝庫で腸の動きを活発にしてくれると同時に水溶性の食物繊維が便秘の解消に役立つ・・・などなどローカロリーなのに体にいいこと尽くめの野菜なのだ。
今日は特にヤーコンに興味を持って下さったお客様が多かった。春先にはヤーコンの食感と甘みが特に美味しく感じられるのかもしれない。
今まで寒くてあまり食べたいと思っていなかったヨーグルトもそろそろ食べたくなってきた。ヨーグルトにヤーコンを入れて食べるのもまた私のお気に入り。ヤーコンとヨーグルトの組み合わせはビフィズス菌を活性化し、腸内細菌のバランスを調えてくれるので腸にとって最高だ。
昨年のヤーコンは寒さが厳しかったせいか、もみ殻の中で保存してあったものもかなり傷んでしまい、残りもあとわずか。手に入れられる間はヤーコンを分けていただいて、せっせと食べようと思う。
Dsc02509


|

« ガーデンビオンで初めての料理教室 | Main | 脱原発社会を創る30人の提言 »

Comments

フランツさんありがとう。
来年からはフランツさんの施設のヤーコン、手に入らないかしら?取りに行けば分けてもらえますか?
もうそろそろなくなってきたので、ネットで有機のヤーコンを扱っている所を探して、今度、とり寄せてみようかと思っています。
もう病みつきになって?昨日もヤーコン、今日もヤーコン、明日もヤーコンを使う予定でいます(笑)

Posted by: 風楽 | March 24, 2012 at 10:20 PM

職場で保存していたヤーコン(といっても売り物にならない小粒なもの)が先日すべてなくなりました。皮をむいてカットして、キムチ漬けや味噌漬けにして売りました。

ヤーコンの栽培には5年は携わったでしょうか?
ここ数年は、夏場の水不足のせいなのか、なかなか豊作とはいえませんでした。
職場の畑ともお別れですが、種芋を植えつけるところまでは携わろうと思っています。

お買い上げくださったヤーコンの代金は、すべて知的障がい者たちの作業収入、すなわちお給料や活動費になりました。

Posted by: フランツ | March 24, 2012 at 04:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54291620

Listed below are links to weblogs that reference ヤーコン人気復活?:

« ガーデンビオンで初めての料理教室 | Main | 脱原発社会を創る30人の提言 »