« 「極上空間」の放送をDVDで見る | Main | 親子煮? »

March 30, 2012

ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

今日はまーちゃんとジュンコさんに古民家の方を任せ、私は岬町にあるブラウンズフィールドの中のライステラスカフェに行ってきた。ここも風楽と同じで営業日は金土日の3日間。房総に行くたびに近くを通るので、いつも行きたいと思っていたのだが、私がドライブに行く時はたいてい月曜から木曜日の間でオープンしていない日ばかり。珍しく金曜日がお休みになったのでさっそく出かけることにした。
途中、九十九里有料道路沿いに植えられている白子の河津桜を見に行った。今年は遅かったようで今がちょうど満開だった。でも今日のこの強い風で花が飛ばされそう・・・。
ブラウンズフィールドは千葉県で最も有名な?マクロビオティック研究家である中島デコさんのお住まいでもあり、WWOOF(World Wide Opportunities on Organic Farms)のホストとしてたくさんの研修生を受け入れ、お米や野菜を有機で作っている。
ライステラスカフェで使われる玄米はもとより、野菜や味噌、調味料などもブラウンズフィールドの中で収穫し仕込まれたもの。田んぼが見渡せる広い敷地に古民家やカフェの建物、ツリーハウスやゲストハウスなどが点在している。それぞれが趣向をこらした手作りの可愛らしい建物。玄米プレートのランチをいただきながらソファに座ってゆっくり本を読んで過ごした。
草を食べているヤギが訪れる人を出迎えて?くれる、とてものどかな場所だ。ずいぶんとたくさんの人たちがここに滞在し、農作業や料理、保存食作りなどに関わっているのだろう。自然に囲まれた場所で、見知らぬ者同志が自給自足の暮らしを夢見てここに集まり、 ある一定期間、同じ食事を食べながら、同じ時を過ごし、新たな生き方を探っていく。
30年前にこういう場所があったなら、私もきっとそこに滞在したいと思っただろうな。でもいつのまにか、そういう場所を創る側になってしまったような気がする。
自然の中でほっとできる場所。美味しいご飯がある場所。楽しい語らいのできる場所。深い呼吸のできる場所・・・こういう場所がもっと増えていくといい。私も今ある自分の持ち場をそういう空間としてもっともっと成熟させていきたい。
帰りはテンポスに寄って夏に向けて購入を検討中の製氷機を見てきたが、あまりに高くて買う決心がつかず、そのまま帰ってきた。業務用の調理器具ってどうしてこんなに高いんだろう!?
Dsc02631


Dsc02641


Dsc02644


Dsc02651


|

« 「極上空間」の放送をDVDで見る | Main | 親子煮? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54348987

Listed below are links to weblogs that reference ブラウンズフィールド ライステラスカフェ:

« 「極上空間」の放送をDVDで見る | Main | 親子煮? »