« かきぴーと最後の晩餐? | Main | お蔵フェスタの準備 »

March 14, 2012

豆腐クリーム

今日はまーちゃんとビオン。私が留守の間に行われたBSテレビの撮影の後、初めて会うので、その時の様子を詳しく聞かせてもらった。予定より早い撮影になってしまったため、まだお客さんも何組がいらっしゃったそうだ。
そんな中で定食の支度と撮影の対応を同時進行でやったので、とても大変だったそうで、さすがに次の日は疲れた~と話していたけれど、「エイコさんがいない時にやったことで度胸がつきました」と前向きだ。
まーちゃんと話しているといつも娘のような感覚になってしまう。言いたいことをポンポン言い合っているし、冗談もかなりキツイ。それでもお互い気にせずに笑っていられるのだ。まーちゃんも同じことを言っていて時々私のことを「ママ」と呼んだりする。きっと前世では母娘だったのだろう。
前世での巡り合わせのご縁で今世でも再会してしまった。もしかしたら前世で果たせなかったことを果たすために再会したのかもしれない。
実の娘の方とは私が中三の時に家を出てしまったので、以来ずっと一緒に暮らしていない。思春期の頃は大変だったけれど、今ではとてもいい関係だ。互いの人生のよき理解者であり応援者でもある。それはひとえに娘が母親のことを受け容れ許してくれているからだと思う。
仕事でも人間関係でも何かあると相談にくる。そのたびに私はどんな言葉を伝えていけばいいのだろうと考える。娘は私の言葉をとても深く受け留め、自分なりに咀嚼して進んでいこうとする。
その時、私の意にそぐわないことを選択したとしても、娘の人生なので、私は見守っていくしかないと肝に銘じている。ずっと一緒に暮らしていないという距離感がいいのだと思う。自ずと私の中に娘の人生と自分の人生を同一化しない習慣のようなモノが沁み込んでいるのだ。
同時に娘と話すことによって私自身もいろいろなことを気付かせてもらっている。そう言う意味で娘的な存在が仕事の面でも私には必要なのかもしれないなと思う。だからまーちゃんが近くにいてくれるのかもしれない。
写真はマクロ仕様のバナナとキャロブのケーキ。マクロ仕様のケーキは甘さが控えめなので、レモンとメイプルシロップで作った豆腐クリームを添えています。
Dsc02445


|

« かきぴーと最後の晩餐? | Main | お蔵フェスタの準備 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54224159

Listed below are links to weblogs that reference 豆腐クリーム:

« かきぴーと最後の晩餐? | Main | お蔵フェスタの準備 »