« オーガニックフラックスオイル | Main | 梅ようやく満開に! »

March 20, 2012

茎わかめの中華サラダ

お彼岸の今日はお店もとても忙しかった。でも一度にたくさんいらっしゃるのではなく、一組にお食事をお出ししたら、次の一組がいらっしゃるという感じだったので、一つ一つの定食をとても丁寧にお作りすることができた。作った料理を盛り付ける時、毎回、心の中で「ありがとうございます」と唱え、食べて下さる方のことを思い浮かべながら用意させていただいた。
心にゆとりがある時に作ったお料理はほんのりと優しい味になる。急いで作った料理はどこか塩辛い。だから料理をする時はいつも穏やかな気持ちでいたいなと思いつつ、忙しくなると、つい気持ちが前のめりになってしまう。
今日は最初から最後まで同じ気持ちで、全てのご注文に対し一つ一つに「ありがとうございます」の気持ちを添えてお出しできた。当たり前のことなのだが、これがきちんとできるようにならないうちはまだまだだなあと思う。
そんな気持ちでお作りしたせいかどうかはわからないけれど、今日、お下げしたお膳の上には、レタス一枚すら残っていなかった。いらっしゃった全ての方が何も残さずキレイに食べて下さったのだ。
なんだかとても気持ちのいい「気の交換」をさせていただいたのだなと思う。
今日のサラダは茎わかめの中華サラダ。大根と人参を白ゴマとすりおろしたにんにくと胡麻油、醤油、梅酢で和えた。茎わかめとはわかめの葉の芯になっている太い部分のこと。コリコリとした歯ごたえがあってとても美味しいのだが、あまり食べる人がいないせいか中々流通していないようだ。
生活クラブ生協で取り扱っている茎わかめは私の大好きな消費材の一つだった。肉厚で歯ごたえがあり、サラダに酢のものにキンピラにと大活躍してくれた。生産者は岩手県宮古市にある重茂(おもえ)漁業協同組合の皆さん。石けん運動に取り組んでいる生活クラブとの提携を機に、合成洗剤が海に及ぼす悪影響を知り、生産現場である海を守ろうと地域全体で合成洗剤の使用を禁止している。重茂のわかめにはそんなキレイな海の栄養がたっぷりと含まれている。
昨年の東日本大震災によって重茂漁業組合も大きな被害を受け、しばらく生活クラブでも茎わかめの取り扱いができなくなった。最近になって春わかめの前に採れる早採りわかめの出荷がようやく始まったようだ。まだまだ復興したとは言えないけれど、少しずつでも以前のように稼働し始めたことが嬉しい。取り扱いが始まったら、今までよりもたくさん注文しようと楽しみにしている。
Dsc02494

|

« オーガニックフラックスオイル | Main | 梅ようやく満開に! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54270534

Listed below are links to weblogs that reference 茎わかめの中華サラダ:

« オーガニックフラックスオイル | Main | 梅ようやく満開に! »