« 梅ようやく満開に! | Main | ヤーコン人気復活? »

March 22, 2012

ガーデンビオンで初めての料理教室

今までずっと古民家で行ってきた料理教室だが、どうしても古民家までは遠くて足を伸ばせないという方もいらっしゃった。それで、いつか機会があったらガーデンビオンのセミナールームのキッチンでも料理教室をやりたいなと思っていた。
そして今日はその第一回目。内容は玄米菜食料理の「基本編」。ビオンの教室では実習はせず、全て私のデモンストレーションで行うことにした。玄米の炊き方、出汁のひき方、万能調味料である八方出汁の作り方、重ね煮のお味噌汁の作り方、八方出汁を使った青菜の和えもの、山芋の揚げ煮、ひじきのマリネ、グルテンミートのフライ。この基本編は風楽の料理の最も基本的な部分なので、今までも数カ月ごとに繰り返し行ってきた内容だ。参加して下さった方は4名と少なかったけれど、ビオンでは初めての料理教室だったので慣れないことも多く、スタートとしてはちょうどよかったと思う。
調味料や材料など必要なものは全てビオンのカフェの方にもあるのだが、あいにく営業時間中なので持ち出すわけにもいかず、圧力鍋や調味料や野菜など古民家の方から運び込んだ。
セミナールームのキッチンのガス台には遠赤外線スーパーラジエントヒーターが取り付けられている。IHと違って平らな鍋底であればステンレス以外の素材でも加熱することができるし、電磁波も少ない。そして何よりも遠赤効果で料理が美味しく仕上がり、余熱もたっぷりある。
一番最初はこのヒーターを使いこなせるだろうかと心配だったが、イベントなどで何度かキッチンを使わせていただく機会があったので、ようやく慣れてきた。古民家から持ってきた大きな圧力鍋で玄米を炊き、八方出汁の材料も大鍋に漬け込んで来て、皆さんの前でひと煮立ちさせた。
基本編は八方出汁の使い勝手を知っていただくために、八方出汁を出汁で割って和えものやぎんあんを作った。全部の料理ができあがって、お食事の時間になると皆さん本当に「美味しい~」を連発。私の料理教室で作る料理は決して難しいものではないので、作り方さえわかれば帰ったその日から作れるものばかり。
それに出汁をまとめてひいて、重ね煮の具もたくさん作って一緒に冷蔵庫で常備しておけば、いつでも飲みたい時に美味しいお味噌汁を飲めるようになるので、ぜひご家庭の中でもその習慣を取り入れていただけたらと思っている。
これからもセミナールームの空き状況に応じて、毎月一回ずつ、ガーデンビオンの方でも料理教室をやっていく予定です。また来月の日程が決まりましたら、サイトなどでお知らせしますので、興味のある方、ぜひご参加くださいね!
Dsc02505


Dsc02504


|

« 梅ようやく満開に! | Main | ヤーコン人気復活? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54284377

Listed below are links to weblogs that reference ガーデンビオンで初めての料理教室:

« 梅ようやく満開に! | Main | ヤーコン人気復活? »