« ビュッフェのお食事作り | Main | 長崎~大分へ »

June 17, 2012

緑の中の?おかひじき

おかげさま農場の野菜におかひじきが登場した。夏になる前、毎年のように出回る野菜だ。その名前のごとく、海のヒジキ同様、栄養価の高い青菜で、ビタミンA・カロチン・カリウム・カルシウム・鉄分・ミネラルなどが豊富に含まれている。
細い葉の形のせいなのか、香りがほとんどないせいなのかわからないけれど、虫が付きにくい野菜なので無農薬で作りやすいということだった。丈夫で育てやすいそうなので、来年は挑戦してみようかな。
かつては日当たりのよい海岸の砂地や塩気のある土地に自生していたらしいが、今は天然のものが少なくなり、出回っているのはほとんど栽培されたもの。名前の由来は葉の形状が海のヒジキに似ていたことから付けられたようだ。山形県の伝統野菜でもあり、水松菜(ミルナ)という可愛らしい響きの別名も付いている。
茎に少々堅い所があるので、そこだけ取り除いて、茹でるのはほんの1~2分。あっという間に火が通るので、さっと茹でたらすぐに冷たい水にさらすと鮮やかな緑色に仕上がる。
今日は途中で青菜が足りなくなったので、急きょおかひじきとキャベツを茹でた。すぐに茹でられるので、厨房にとっては強いミカタ?だ。
以前、白和えを作った時、短く刻んで加えたことがあるが、緑が鮮やかで極細の茎が豆腐の中に散りばめられているようで、とても美しかった。
お浸しを小さな鉢に盛り付けて、裏庭の前で写した。背景にあるのは緑の木々や草たち。緑をバックに緑色のおかひじきと薄緑色のキャベツをあわせて写したら、偶然にも同系色!とてもキレイだった。

*7月7日(土)馬頭琴デュオコンサートを古民家で行うことになりました!
草原のチェロと呼ばれる憂いに満ちた美しい音色の弦楽器です。私をモンゴルに連れて行ってくれた友人でもあり、中国国家一級演奏者として認定された実力ある馬頭琴奏者、斉・布日古徳(チ・ブルグッド)さんとパートナーの美炎さんによる素晴らしい演奏をお楽しみ下さい。5時開場・6時開演・参加費は2500円です。
古民家のお座敷でモンゴルの風に吹かれに来て下さい!プラス1000円でオーガニック弁当をご用意させていただきます。お申込みは電話かメールでご予約ください。
*明日から4日ほどブログお休みさせていただきます。
Dsc03534


|

« ビュッフェのお食事作り | Main | 長崎~大分へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/54989757

Listed below are links to weblogs that reference 緑の中の?おかひじき:

« ビュッフェのお食事作り | Main | 長崎~大分へ »