« 粉猫?!~ミー介の受難~ | Main | 醤油麹漬マグロとアボカドの丼 »

August 18, 2012

「原発の電気に頼らない」木の根夏祭り

空港の真ん中に位置する一軒家のペンション木の根におひさま発電所がオープンした。空港用地の南側にかつて「木の根」と呼ばれる部落があった。開港に伴い住民たちは皆移転し、部落はなくなってしまったが、現在、空港の反対同盟と全国に広がる一坪共有者たちによって所有された土地がぽっかりと残っている。そこに木の根ペンションを建て、支援者たちの宿泊施設して利用されている。ペンションの真横は成田空港。空港内を移動する飛行機がほんの数メートル先、身を乗り出せば届きそうな距離から見える。
原発事故以来、学習会などを重ねながら少しでも電気を自給していこうと「地球的課題の実験村」でプロジェクトを立ち上げ、多くの方からの出資やカンパを集めた。そしてこの春から最大3.8kw/hのソーラーパネル20枚が発電できるようになった。それを記念して夏祭りが行われることになったので仕事が終わってから参加してきた。
韓国農楽集団ウリトやおかげさま農場の高柳夫妻を中心に自由に演奏活動を楽しんでいるバンド「ザ・空」など、ステージでの演奏もたっぷり。清志郎さんの脱原発ソングもたくさん演奏された。コンサートの楽器やスピーカー、プロジェクターなどの電気はペンションに設置されたソーラーパネルで賄っている。この日のために蓄電もしておいたそうだ。
そして暗くなってからの照明はガーデンソーラーライトやちょうちん、手作りの竹灯籠などが使われていた。
参加者は参加費1000円を払って1ドリンクとカレーと有機野菜のバーべキューが食べ放題。
このほか、自然エネルギー事業共同組合REXTA代表の桜井薫さんのお話や全員参加?の盆踊りなどもあって、こじんまりとした楽しい夏祭りだった。知り合いの農家さんや友達もたくさん参加していたので、いろいろな方とお話できた。皆、皆さん思い思いのスタイルで手作りのお祭りを楽しんでいた。
空港の反対運動など知らない世代の若者たちがとても多く参加しており、有機農業や脱原発をテーマに世代の違う人たちが交流できる場があるって素敵なことだなと思った。
Dsc04660


Dsc04682


Dsc04685


Dsc04691


|

« 粉猫?!~ミー介の受難~ | Main | 醤油麹漬マグロとアボカドの丼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/55454666

Listed below are links to weblogs that reference 「原発の電気に頼らない」木の根夏祭り:

« 粉猫?!~ミー介の受難~ | Main | 醤油麹漬マグロとアボカドの丼 »