« 「喜びのタネまき新聞」 取材 | Main | ゴーヤの炒め煮 »

August 02, 2012

満月の夜

今夜は満月。空が澄んでいてお天気もいいのでとても美しい月が古民家の座敷から見える。この美しさ、いくら写真で撮ろうとしても、とてもホンモノにはかなわない。
成田の市街地の方まで買い物に行き、帰りが遅くなった時、ふと見上げると空に満月が浮かんでいることがある。もちろんそれはそれで美しいのだけれど、古民家に帰ってから、再び夜空を見上げると、これが同じ月か?!・・・と思うほど美しいのだ。月灯りがこんなに明るかったなんてここに住むまで気付かなかった。
古民家の回りには家も数件あるのだが、そのお宅の灯りは古民家まで届かない。小さな街灯が一つあるだけ。南と西と北に庭があって、それぞれ畑として使っている。だから周囲には緑しか見えず野中の一軒家状態。つまり古民家の回りは、夜、寂しいくらい真っ暗なのだ。
でも闇に囲まれているからこそ、光の存在がより美しく見えるのだと思う。
満月はエネルギーが最大に満たされた状態。だから満月の日は自分が達成できたことに感謝すると同時に、執着しているものを手放し解放してあげるとよい日だと言われている。いつの頃からか、満月と新月を意識しながら暮らすようになった。
夜は座敷の灯りを全部消して、月の光の中で少しだけ瞑想をした。月の引力が最も強い満月の晩は人間の血液や体液も引力に引っ張られ神経が活性化するため、衝動的、感情的、突発的な行為をすることが多いと言われている.。でも私は満月のエネルギーを浴びるのが好きだ。静かにふり注がれる大きな月の光は体にも心にも心地よい。
今日も一日暑かった~!ビオンはお客様がとても少なくてヒマだったので、暑い中で草取りをし、窓ふきをし、冷蔵庫の掃除をし・・・早めに店を閉めた。この暑さじゃ仕方ないなあと納得せざるを得ない。
8月のビオンは夕涼みも兼ねて、日曜日の営業時間をちょっとだけ延長することにしました。日が長いので7時頃までのんびりとオープンしてます。早めのお夕食もどうぞ!
Dsc03883


Dsc03882

|

« 「喜びのタネまき新聞」 取材 | Main | ゴーヤの炒め煮 »

Comments

風花さんありがとう。
そうなんですよ。満月の時って、確かに火災や事故が多いんだそうです。心がザワザワして落ち着かなくなると言われていますね。
でも私は満月を見ていると心が落ちつくし、元気になります!
夕焼けも草取りの後、いつも古民家の庭から見ています。残照が竹林に映って、その光もまたとてもキレイです。
旅先で夕暮れ時に散歩するのも好きな過ごし方です。

Posted by: 風楽 | August 03, 2012 at 09:39 PM

今日は満月だったのですね。なんか 心が落ち着くなぁと思っていたので。普通は満月の日は事故が多いとか聞きますが(確かに 今日 救急車の音を何度も聞きましたが)
私の場合は 落ち着くのかな。夕焼けもきれいでしたよ。人間社会のいろーんな余計なものを脱ぎ捨てて 自然と一体となると ほんと気持ちいいですね。

Posted by: 風花 | August 02, 2012 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/55337262

Listed below are links to weblogs that reference 満月の夜:

« 「喜びのタネまき新聞」 取材 | Main | ゴーヤの炒め煮 »