« 神の宿る三輪山ご参拝~盤座(いわくら)~そして光明真言 | Main | 茹で落花生 »

October 06, 2012

冬瓜ポンチ

秋の声が聞こえてくると毎年作り始めるこのデザート。
冬瓜ポンチ。冬の瓜と書いて冬瓜。でも収穫できるのは夏。そのまま転がしておけば冬まで保存できることから冬瓜という名前が付いたそうだ。大きな冬瓜だと核家族では持て余してしまうからなのか、今はとてもコンパクトなミニ冬瓜の方が人気があるようだ。
いろいろな農家さんや知り合いからもこの時期になると「食べ切れないから」といただくことが多い。去年はあの大きな冬瓜を50個近くいただいた。だから年内いっぱい冬瓜は途切れることなく、煮物やスープに大活躍。
中でも一番人気があって美味しいと喜んでいただいたのが、この冬瓜ポンチ。毎年のように作っているので、風楽によく来て下さるお客様の間では周知の料理?なのだが、初めて召しあがる方はたいてい驚かれる。
「えっ!?これが冬瓜なんですか~?!」。
この連休から冬瓜ポンチがスタートした。冬瓜の皮をむいてワタと種を取り除き、さいの目状に冬瓜を切っていく。
それを平たい鍋に並べ、水を一滴も加えず、落し蓋をして梅ジュースで煮込む。冬瓜の中から自然に水分が出て来て、梅ジュースと一緒に美味しいシロップになって冬瓜に沁み込んでいくのだ。
彩りにクコの実や缶詰の果物を加えてデザートにお出ししている。冬瓜自体は味がほとんどないのでこれは一緒に煮るシロップが美味しさの決め手になるのだが、私が作った中では梅ジュースが一番似合うようだ。
ただ難点は冬瓜をカットする時間がかなりかかること。何しろあの巨体?だ。丸々一つ切り終えるのに20分以上はかかってしまう。忙しい朝の仕込み時間にその時間を捻出するのはなかなか大変。
だから作りたいと思っていても、定食の支度に時間がかかる時は作りたくても(時間がなくて)作れないのだ。
最近、知ったのだが、冬瓜の皮も千切りにしてキンピラにして食べれるそうだ。あのトゲのある皮がホントに美味しいのだろうか?とちょっと心配だけど、今度やってみよう。ただし冬瓜ポンチを作る時とは別の日にしなくてはカットが追いつかないが・・・。
朝、丸々一個煮たにも拘わらず、とても多くの方に来ていただいたので冬瓜もすっからかん!気持ちいいくらいさっぱりとなくなってしまった。明日もまた私は冬瓜カットマシーンになるぞ~!
Dsc05478


|

« 神の宿る三輪山ご参拝~盤座(いわくら)~そして光明真言 | Main | 茹で落花生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/55838327

Listed below are links to weblogs that reference 冬瓜ポンチ:

« 神の宿る三輪山ご参拝~盤座(いわくら)~そして光明真言 | Main | 茹で落花生 »