« 冬瓜ポンチ | Main | 諏訪大社とヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー »

October 07, 2012

茹で落花生

千葉に引っ越してきた時、「落花生掘りに行こう」と言われて驚いた。「えっ?落花生って掘るものなの?」。
なんと私は落花生が木の実のように、木になるものだと思っていたのだ。都会育ちの私は落花生の生育過程を見たことがない。理科の授業で習ったのかもしれないけれど、それが生活の中に根付いたものではなかったので抜け落ちていたのだろう。
昨日、今日と連休は大忙し。毎年5月と10月は行楽シーズンで季節がいいので、お店も一番混む時期だ。今日は久しぶりにマキコさんが来て、ユウコさんと3人体制だったので、定食の準備の他、朝からケーキを焼いたり、八方出汁を作ったり、冬瓜ポンチを煮たり、大納言小豆を煮たり・・・と開店前までにたっぷり仕込みがができた。
定食もいつもの2倍近くご用意した。次々にご予約の電話がかかってきて、お客様が来てくださり、とにかくランチタイムは大忙し。2時半過ぎにようやく一段落したので、さっと賄いを食べ、片づけが終わってからゆっくりお茶を飲むことにした。
ユウコさんが昨日、農家さんから買った落花生を茹でてきてくれたので、私は大納言で作ったあんこを小鉢に入れ、茹でた栗を乗せて即席栗ぜんざい?を作った。そして茹で栗を並べ新高梨をむいてお茶を入れた。
食卓に秋の味覚が並んだ。秋に実るものって春のようなにぎやかさはないのだけれど、しっとりと落ち着いているものが多い。
ユウコさんもマキコさんも千葉の人ではないので、私同様、千葉に来て初めて茹で落花生を食べた。どうやらユウコさんも落花生が木の実だと思っていたらしい。ホント、知らないことっていっぱいあるんだなぁと3人で大笑い。
二人が帰ったら、急に古民家がひんやりとしてきた。今日はやけに肌寒い夜だ。扇風機、まだ使うことがあるかと縁側に出したままなのだが、そろそろ片付けなくては。
Dsc05477


|

« 冬瓜ポンチ | Main | 諏訪大社とヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/55838961

Listed below are links to weblogs that reference 茹で落花生:

« 冬瓜ポンチ | Main | 諏訪大社とヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー »